ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

サドル沼 〜理想のサドルを求めて〜

 
 

サドル沼という言葉があります。

 
理想のサドルを求めて泥沼のようにハマる事。
 
 
サドルは難しい!
 
 
サドル沼にハマった僕の比較レビューです。
笑って下さい(笑)
 
 
セラSMPのHELL
 
f:id:masa308gts:20150718025315j:image
 
鳥のクチバシのような独特な形状のセラSMP
 
ミドルグレードのHELLはクッション性も高く人気ですね。
 
280gとちょっと重い。
 
f:id:masa308gts:20150718025625j:image
 
ハマれば快適だけど、調整が超シビアです。
 
重いし、形は嫌いですが僕はコレが1番痛くならないサドル。
但し、クッション性が高いだけに座面が柔らかいので、ペダリングのロスはあります。
 
 
 
次にサンマルコのコンコール レーシング
 
f:id:masa308gts:20150718030114j:image
 
セラSMPに次いで痛くなりません。固いけど痛くならない。
190gと軽量。
 
ただ、これは震災のチャリティー支援のデザインなので、カラーがバイクに合わせるのが難しい。
 
サンマルコは一点固定型なので好きです。
ペダリングもしやすい。
 
f:id:masa308gts:20150718030415j:image
 
 
 
 
同じくサンマルコのPONZA アローヘッド
 
f:id:masa308gts:20150718030558j:image
 
デザイン買いでしたが、意外に良かったサドル。
260g
 
形もカッコ良いし、価格も安い。
中距離までならなかなか快適。
 
コスパは1番です。
 
 
 
こちらもデザイン買いのプロロゴのゼロⅡパス
 
f:id:masa308gts:20150718030920j:image
 
フラットな座面で座る位置を変える人には合うサドル。
207g まぁまぁ軽い。派手なデザインでカッコ良い。
 
短距離〜中距離なら快適ですが、長距離になるとキツい。
 
でも総合的には1番のお気に入り。
 
 
 
 
完成車についていたプロロゴのKAPPA EVO
260g
f:id:masa308gts:20150718031428j:image
 
中途半端という言葉が思い浮かびます。
 
クッション性が高く柔らかいけれど、30㎞位で坐骨が痛くなる。重いし、デザインも普通。
 
好きじゃないです。
 
 
番外編
 
メーカー不明のカーボンサドル
f:id:masa308gts:20150718031839j:image
 
100gと超軽量!
コルナゴ for フェラーリの文字に惹かれました。。
 
レーパン履かないと5㎞で激痛。ヒルクライム専用の飛び道具です。
 
 
重量、デザイン、快適性、ペダリングのし易さと一長一短ですが、1番バランスが取れているのがサンマルコのコンコール レーシングかも。
 
 
柔らかければ快適というわけでもなく、価格が高ければ快適というわけでもない。
 
 
サドルはやっぱり難しい。