ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

カーボンサドルの効果

サドルの軽量化は体感できるのか?


ダンシング等でバイクを振った時等は明らかに体感できます。

ヒルクライム以外なら100g軽量化したとしても速さ自体は変わらないと思うけど、フィーリングはかなり変わります。


僕は軽量サドルのフィーリングは好きなのです。


f:id:masa308gts:20150906231107j:image

カーボンサドルは2つ持っています。

1つはコルナゴ for フェラーリのデザインの物

f:id:masa308gts:20150906231211j:image

もう1つはTIMEのロゴ入り

f:id:masa308gts:20150906231303j:image

実はこの2つ全く同じ形状!


恐らく同じ物をペイントだけ変えて販売していると思います。


元は中華カーボンサドルですね。

f:id:masa308gts:20150906231503j:image

重量も全く同じ100gピッタリ



通常のロードバイク用サドルは190g〜280gなので100g位は軽量化できます。


但し、当然お尻は痛い(笑)


ロングライドで使うのは絶対にイヤです。


レーパン履いても2時間が限界です。



でも、この中華カーボンサドル


意外にもクオリティは非常に高い!

ペイントのクオリティなんてビックリする位高くてキレイ。

価格も4000円位と格安なので決戦用?に持っていても損は無いと思います。

f:id:masa308gts:20150906232215j:image

バイクの見た目がちょっと戦闘的になります。


遅いとカッコ悪いのでプレッシャーになりますが。。