ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

アソス T Equipe

究極のパフォーマンスウェアと言われるアソス

 
 
アソスのビブショーツ T.Equipeです。
 
 
ミドルグレードかな?
 
レースやハードトレーニング向けのタイトフィットモデル
 
f:id:masa308gts:20150913012531j:image
 
箱がカッコ良い!
 
新しいS7パッドになりました。
 
って言われても、これが初アソスなのでよく分かりません。
f:id:masa308gts:20150913012745j:image
 
パッドはアメジスト色でキレイ。
 
 
 
まず、履き心地がよろし!
 
 
タイトフィットだけれど、履いている感覚があまり無いのですよ。
 
 
正確に言うと、履いた瞬間は勿論履いている感覚があるのですが、時間と共に馴染んできて、数分もすると不快な感覚が全て無くなるといった感じ。
 
f:id:masa308gts:20150913013246j:image
 
パッドに関しては、僕は座骨がいつも痛くなるのですが、アソスは座骨部分のパッドが厚いので痛みがでません。
 
 
100㎞走って痛みが出なかったのは初めての経験でした。
 
 
しかもパッド無しのカーボンサドルでです。
 
 
ちなみにアソスの前はナリーニを使っていたのですが、ちょっとレベルが違うなと感じましたね。
 
 
ナリーニのデザインは好きだけど。
 
 
多くの人がアソスを絶賛する気持ちが分かりました。
 
f:id:masa308gts:20150913014539j:image
 
 
手持ちのサイクルジャージの中でも、やはり1番アソスのジャージが丈夫だし快適なんですよ。
 
ビエンメがこれに続きます。
 
f:id:masa308gts:20150913014718j:image
 
難点は価格。。
 
 
良いのは分かるんだけど、やはり高い❗️
 
 
ただでさえ、自転車関連のウェアは高いのに。。
 
 
 
 
ただ、ビブショーツに関しては勿論高いけど、アソスに代わる物は無いのかなと。
 
 
 
お尻の痛みに悩んでいる人はサドル沼にハマり、サドルを何度も取替えるより、アソスを購入した方が早く解決して安上がりかも。
 
 
僕にとっては魔法のパンツでした。
 
 
広告を非表示にする