ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

メリダのリアクトは旬?

 

雑誌「サイクルスポーツ」12月号を購入したら

 
f:id:masa308gts:20151028014118j:image
 

表紙がメリダのリアクト

 
記事でもリアクト
 
f:id:masa308gts:20151028014154j:image
 
 
 
ジャパンカップのランプレチームのリアクト
 
f:id:masa308gts:20151028014251j:image
 
リアクトでも、これらはトップグレードのTEAM Eで僕のリアクト400とは別物ですが。。
 
チームEは3桁万円の1番スゴイやつ。
 
でも何か嬉しい。
 
性能と価格は違うけど形は一緒(笑)
 
トップグレードのモデルとエントリーグレードのモデルはどれ位性能が違うのか?
 
リアクトのチームEは乗った事がないのでTIMEのZXRSで比較してみます。
 
f:id:masa308gts:20151028014905j:image
 
こちらがTIME
 
やはりオーラがあります。型落ちですがTIMEのフラッグシップ
 
カーボンの柄むき出しのマシン
重量は6.5㎏
 
f:id:masa308gts:20151028015032j:image
 
こちらはTIMEの5分の1位の価格のリアクト400
 
リアクトで1番安いモデル
 
ホイールをカーボンに替えても重量は8.3㎏。。
 
一見高そうに見えます(笑)
 
アルミなので近づくと溶接跡が見えます。
 
f:id:masa308gts:20151028015411j:image
 
では性能は5分の1か?
 
当たり前ですが、そんな事はなく、感覚的にはTIMEの85%位の性能。
 
 
加速とか剛性とかという細かい比較ではなく、全体的なざっくり感じた感覚ですよ。
 
重量が2㎏も違うのでヒルクライム性能は比較にならないけど。。
 
f:id:masa308gts:20151028020549j:image
 
大きく違うのは衝撃吸収性と操作感やフィーリング等の感覚性能。
 
TIMEはパリっとしていて良いカーボンを使ってるんだなって判ります。
低速で走っても高級感が漂う。
 
 
リアクトはアルミなので結構ダイレクトに衝撃を感じるし、高級感はありません。
でもリアクトも価格から考えると相当スゴイと思います。
 
1度トップグレードのチームEに乗ってみたいな。
 
 
話は変わって、「サイクルスポーツ」の記事に微妙に僕の写真が載ってました(笑)
 
f:id:masa308gts:20151028021547j:image
 
才色兼備の絹代さんのホノルルセンチュリーライドの記事です。