ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

デュラエース CS9000を導入

TIMEのスプロケをCS6800のアルテグラからCS9000のデュラエースに交換してみました!

 
因みにTIMEのコンポはアルテグラDi2です。
 
f:id:masa308gts:20151029003221j:image
 
箱が高級な雰囲気
 
開けてみると
 
f:id:masa308gts:20151029003256j:image
 
色が途中で違いますね。チタンの色
 
11-28Tです。。
 
重量を計ってみると
 
f:id:masa308gts:20151029003458j:image
 
195gです。
以前使っていたカンパのレコード フルチタンのスプロケが145gだったので特にビックリする程軽くはありません。
 
f:id:masa308gts:20151029003742j:image
 
装着!
 
変速はやはり気持ち良いですね。
 
でもアルテグラと比べて激変という感じはありません。
 
アルテグラが「カシャッ カシャッ」なのに対し「カン カン」という感じ。
 
アルテグラに比べて硬質な感じ。
 
僕が鈍感なのか「デュラ すげー!」とまでは正直感じなかった。Di2で元々変速がかなりスムーズだったのもあると思います。
機械式ならかなりの差を感じるのかな?
 
 
外したアルテグラスプロケメリダのリアクトに移植です。
 
f:id:masa308gts:20151029004329j:image
 
 
f:id:masa308gts:20151029004359j:image
 
変速性能は105とアルテグラの違いの方がはるかに大きいですね。
 
105とアルテグラは価格差が2000円位なので、性能差を考えるとお得です。
105の人はスプロケアルテグラに変えるだけでかなりの変化が感じられると思います。
 
105は濁音がついた「ガシャッ ガシャッ」
あまり気持ち良くないですね。
比べなければ不満は無いけれど、比べちゃうとやはり違う。
 
因みに105スプロケは270g
 
f:id:masa308gts:20151029004817j:image
 
結論は
 
デュラエースアルテグラの3倍位の価格ですが、正直そこまでして交換する価値があるかと言われると?です。
 
2000円違いでアルテグラと105の差を感じた後では尚更割高な感じは否めないなぁ。
 
 
アルテグラコスパの高さが際立ちますね。
 
ただデュラエースアルテグラでは耐久性はかなり違うらしいけど。
 
デュラエース使ってるぜ!という高揚感はちょっとあります(笑)