ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

初めてのホイール交換 〜3万円までの予算なら

「ホイール交換の効果を実感したければ10万円以上のホイールにしろ!」なんて言われます。。

 
 
ロードバイクにかなりハマって、感覚が麻痺してしまった人にはそうなんでしょうが、普通の感覚(笑)の人にはホイールに10万円以上出すなんて狂気の沙汰なんじゃないでしょうか?
 
 
しかし、ホイール交換は1番効果を感じられる部分ではあるので完成車に付いているホイールから交換すれば、バイクの走りはかなり変わります。
 
 
f:id:masa308gts:20151110231228j:image
 
例えば、最近購入したメリダのリアクト400に付いていたホイールはフロントが1020g、リアが1295gで合計2315gもあるんですよ。
 
そんな完成車からグレードアップしてホイールを交換したいんだけど、予算が…という人にオススメなのが「シマノのWH-RS21」
 
f:id:masa308gts:20151110231726j:image
 
定価で24000円位のホイールですが、かなり良いホイールです。
 
実売価格は20000円位でしょう。

勿論、オススメするからには僕も使っています。
 
f:id:masa308gts:20151110232042j:image
 
デザインが地味だと言われるシマノのホイールですが、このWH-RS21はシンプルでバイクを選びません。
 
クロモリのバイクにも意外に似合うと思いませんか?
 
僕のホイールのリムはシルバーですが、ブラックも選べます。
 
重量は1850gと決して軽くはないですが、回転がすごく滑らかで乗り心地も良いホイール。
 
価格からは考えられない位に良いホイールだと思います。
 
f:id:masa308gts:20151110233051j:image
 
乗り心地が良い事から想像できるかと思いますが、横剛性は低め。
 
簡単に説明すると、ホイールの横剛性とはダンシングをした時等に感じるたわみ。たわみはウィップ等と言われます。
 
踏み込んだパワーを無駄なく推進力に変えるには剛性が高い方がたわみがなく良いのですが、その代りに乗り心地は悪くなり、また硬過ぎれば脚にきます。
 
脚力は人それぞれ違うし、ホイールに求める性能も人それぞれ違います。
 
雑誌のインプレで良いホイールとされているのはレース前提の使用であったり、かなり脚力がある人達の話ですから。。
 
脚力のない人がフルクラムのレーシングゼロとか使うとかなり辛いと思いますよ。
 
つまり良いホイールとは自分の脚力と使用目的に合ったホイールだと思います。
 
このシマノWH-RS21は優しい乗り心地でスムーズに回転するので、そこそこのペースで気持ち良くロングライドしたいと思っている人に向いていると思います。
 
僕がこのホイールを、ビアンキの古いクロモリロードバイクに履かせているのは、そんな使い方をするからです。
 
シンプルで似合うしね。
 
サイクリングロードなんかを20〜30㎞で巡行するにはピッタリです。
 
最近、このホイールで激坂も走ったけど、ヒルクライムには向いてません。
 
f:id:masa308gts:20151110235525j:image
 
 このホイールでしまなみ海道とか走ったら気持ち良さそう。