ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

最初のハードル ビンディングペダル

ロードバイクに乗り始めた頃

 
 
ただでさえ不安定に感じるのに、ビンディングペダルなる物で足をペダルに固定されるなんてあり得ないと思ってました。。
 
 
サドルも高く、爪先が辛うじて地面につく位でも不安なのに。。
 
 
初心者ってこんな感じです。
 
 
立ちゴケって痛いんでしょ?
 
倒れたら自転車に傷つくよね?
 
 
当時の僕は12万円位のFELTのZ85を清水の舞台から飛び降りる位の気持ちで買ったから。。
 
f:id:masa308gts:20151112014059j:image
 
自転車で10万円オーバーなんて何て高級車なんだ!と
 
9㎏ってびっくりする位軽い自転車やん!(笑)
 
 
あっ
 
サドル低くしてますね。
反射板付いたままですね。。
 
初心者あるあるですね
 
 
 
そんな典型的な初心者の僕が急にフラットペダルが恥ずかしく思い始めました。
 
フラペって馬鹿にされるんだ。。知らなかった。
 
 
プライドだけは高い僕は恥ずかしさと、恐怖心の妥協点を探り、行き着いた結論は
 
 
SPDっていうペダルは外し易いらしい!
 
 
よし、迷わずSPDだ!
 
 
f:id:masa308gts:20151112015150j:image
 
 
今でも使ってますよ!
 
シマノのPD-A530」
 
コレに決めた理由は
 
片面がフラットペダルになってるから!
 
f:id:masa308gts:20151112015356j:image
 
怖くなったらフラット面で使えばいいんだっ。
 
重量は380g位だったかな?
 
 
 
便利ですよ。
 
近所を軽くぷらぷら走るのに、一々ビンディングシューズ履きたくないでしょ?
 
面倒臭いでしょ?
 
不通の靴でも乗れるのです!
 
 
最初はSPDでも充分満足だと思う。
 
 
SPD用のシューズは普段履きのシューズのようなデザインが多いし、歩き易いし。
 
 f:id:masa308gts:20151113020228j:image

パトリックのSPDシューズ「プリドール」
 
 
最初は恐る恐る壁に寄り掛かりながら脱着の練習したっけ。
 
意外に5分程度で慣れました。
 
 
実は未だに立ちゴケした経験無いんですよ。
 
もっと早くビンディングにすれば良かった。
 
 
それでもビンディングペダルが怖い人にオススメなのはマルチクリート
 
f:id:masa308gts:20151112021226j:image
 
ペダルに標準で付属してくるクリートはシングルクリートといい、足を外側に捻る時だけ外れるタイプ。
 
しかし別売りのマルチクリートは内側でも外側でも、兎に角ちょっと捻ると外れます。
 
これならだいぶ心理的なハードルも低くなり安心!
 

 

SHIMANO(シマノ) PD-A530 [EPDA530] 片面SPDペダル シルバー

SHIMANO(シマノ) PD-A530 [EPDA530] 片面SPDペダル シルバー

 
SHIMANO(シマノ) PD-A520 [EPDA520] 片面SPDペダル シルバー

SHIMANO(シマノ) PD-A520 [EPDA520] 片面SPDペダル シルバー

 
SHIMANO(シマノ) SM-SH56クリートセット [Y41S98090] ナット付セット マルチモード ペア

SHIMANO(シマノ) SM-SH56クリートセット [Y41S98090] ナット付セット マルチモード ペア