ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

キャノンデールCAAD10+フルクラム クアトロ

フルクラム レーシング クアトロLG(長い。。)をCAAD10に履かせてみました。

f:id:masa308gts:20151221003610j:image

リムハイトが35㎜あると、ちょっと見栄えが良いですね〜

せっかくなので、他のホイールと比較してみましょう!

見た目の比較ね(笑)

f:id:masa308gts:20151221003809j:image

カンパニョーロ ZONDA

f:id:masa308gts:20151221003925j:image

K-CRAFTのカーボン


f:id:masa308gts:20151221004033j:image

カンパニョーロ ボーラワン

どうでしょうか?

やっぱり50㎜のディープリムの方が迫力は感じますが35㎜のレーシングクアトロはバランスが良いです。

こう見るとZONDAがかなり地味に見えます。



f:id:masa308gts:20151221005200j:image

レーシングクアトロ

重量は1720g位あるので漕ぎ出しはちょっと「よいしょ」という感じですが、良いホイールですよ。
ハブはよく回るし。

また何よりカッコ良い。

同じ35㎜のリムを持つカンパニョーロのシロッコより派手さは無いですが、バイクを選ばないです。
どんなカラーのバイクにも似合います。


ゾンダやレーシング3に比べてマイナーですけど、もっと脚光を浴びてもいいんじゃないかな。僕は好きです。

流行りのワイドリムになった新しいクアトロLG

f:id:masa308gts:20151221021319j:image

実はシマノ用のフリーボディがアルミになっています。

これは上位モデルでも採用していません。

カンパニョーロなんてシャマルミレだけ。

ココをもっとアピールしなきゃ。

今までカンパニョーロ、フルクラムはシマノ用のフリーボディはわざと重く作ってましたからね。かなり重量増になってました。
それが無くなりカタログ重量との差が無くなってます。


タイヤは25Cに最適化されています。
23Cを履かせたらダメなので注意が必要です。

あとリムがワイドになっているので、ブレーキのクリアランスを広げてあげないといけない。

ちょっと面倒臭いけど。