ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

お別れは辛いもの 巣立ったロードバイク

今年は2台のロードバイクがうちにやって来て、3台のロードバイクが巣立っていきました。

まず、コルナゴ C40

f:id:masa308gts:20151228230350j:image

言わずと知れた名車

プロロードレースで連勝記録を持ち、その存在は伝説になっています。

f:id:masa308gts:20151228230527j:image

カンパニョーロのコーラスは操作感が素晴らしかった。

アート デコールのペイントでコルナゴの世界全開。

走りは勿論、所有欲を満たしてくれるバイクでした。

本領を発揮するのは35㎞以上から。
「もっと踏めるだろ!」と言われてるみたいだった。

カーボンなのにまるでクロモリのように細いフレームは美しかったな。

ロードバイクの奥深さを教えてくれたバイクでしたね。



続いて同じくコルナゴのテクノス

f:id:masa308gts:20151228231208j:image

クロモリではなく、ニバクローム

重いフレームでしたが、コルナゴらしく踏めば踏むほどに本気の顔を見せます。

本気で走れば速いバイク。

チンタラ走ってもその良さは理解できません。

コルナゴって本気で踏まないと別のバイクみたい。

f:id:masa308gts:20151228231412j:image

1990年代のバイクですが、ペイントのレベルはダントツで1番です。

濡れた飴のようなペイントで、飾っておくだけで様になるバイク。

サイズが合わなかったのが残念でした。

未だにこれを超える美しいバイクに出会ってません。



最後はキャノンデールのCAAD10

f:id:masa308gts:20151228231824j:image

年末で友人の元に巣立っていきます。

ロードバイクの基本はこのバイクから教えてもらった気がします。

身の丈に合っていて、相棒と呼べる存在でした。

アルミバイクだけど、意外にもロングライドが得意でした。

僕の脚力、使い方に1番合っていました。

ロードバイクを初めてロードバイクらしく走らせる事ができたバイクだった気がします。

f:id:masa308gts:20151228232347j:image

しまなみ海道を走ったり

f:id:masa308gts:20151228232602j:image


思い出が詰まったバイク。

旅にはいつもCAAD10が側にいた。

コルナゴ等のイタリアンバイクと違って色気や芸術性はないけど、不思議な魅力をもってましたね。

アメリカンなバイクに惹かれるなんて意外でした。

寂しいな。