読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

プロロゴ ナゴ EVO サドルに交換


御徒町で仕事の打ち合わせ。

御徒町!!


ワイズロード 上野アサゾー店に行ける!

上野アサゾー店はパーツのカオス

行った事がある人は分かると思いますが、ここはワイズロードのイメージとは程遠い倉庫のようなお店。


宝の山のようなお店です。


そこで、こんな物が

f:id:masa308gts:20160125225750j:image

限定の文字が

プロロゴのNAGO EVOサドルの赤

初めて見た。



f:id:masa308gts:20160125225856j:image

何故かプロロゴのバーテープも付属してきます!

f:id:masa308gts:20160125225933j:image



TIMEのサドルがカーボンサドルなので普段使いできるサドルを探していました。


でも赤のサドルって本当に無いんですよ。

僕の知る限りセラ SMPの一部のモデルだけ。


だから発見して興奮。

この機会を逃すと赤のサドルは見つからないので購入!



f:id:masa308gts:20160125230436j:image

これが問題のカーボンサドル

カッコ良くて100gと超軽量ですが


痛い

お尻が痛い

クッション ゼロだから。。

レーパン履けば何とかなりますが、100㎞とかは無理!


f:id:masa308gts:20160125230545j:image

ナゴEVOはオレンジにちょっと近い明るい色

もう少し暗い赤だと嬉しいのだけど。。



f:id:masa308gts:20160125230700j:image
交換前


f:id:masa308gts:20160125230719j:image
交換後

そんなに違和感無いかな。

プロロゴのサドルは以前、ゼロシリーズを使っていました。


プロロゴのサドルは大きく分けると


①ラウンドタイプのスクラッチ

②セミラウンドタイプのナゴ EVO

③フラットタイプのゼロ

④コンフォートタイプのカッパ EVO
になります。

f:id:masa308gts:20160126015359j:image


プロロゴサドルの特徴は表皮の肌触りを重視していて気持ち良いのです。

パンツを通してもその感触はわかります。

クッションも部位によって固さを変える等凝っています。プロロゴの拘り。


だけど


重い!

f:id:masa308gts:20160125231445j:image


セラ イタリアやサンマルコに比べると1〜2割は重いですね。

f:id:masa308gts:20160126231202j:image

その分、質感はセライタリアやサンマルコより高いですが。


またサンマルコやフィジークのサドルは最初は硬く、次第に柔らかくなるのに対して、プロロゴは最初からある程度の柔らかさがあります。


だから第一印象は非常に良好。



お尻との相性は?


連続して100㎞以上走らないと分からないですね。


相性が良い事を祈りますが、カーボンサドルに比べたら天国です!