読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

オルベア 2代目オルカ

何度か書いていますが、僕が世界一美しいと思っているロードバイク

オルベアの2代目オルカ

2007年〜2010年位までのモデルですね。


実はフレームを購入してしまった。。

もちろん新品は無いので中古です。

何箇所か小さな塗装の剥がれがありますが、総じてキレイで良い状態。

新品のような光沢があります。

f:id:masa308gts:20160209024929j:image

カラーはブロンズ

僕はイメージカラーのオレンジよりもこのブロンズカラーにより惹かれていました。


あまりに美しくて

f:id:masa308gts:20160209025143j:image

ドキドキする。

ロードバイクのフレームを見ながらドキドキするなんて変ですかね?

さすがに実際に頬ずりまではしないけど、頬ずりしたくなる衝動には駆られます(笑)


1時間位眺めてました。

f:id:masa308gts:20160209025511j:image

いろんな角度から写真を撮ってみたり

f:id:masa308gts:20160209025554j:image

指で押すとヘコむと言われるフレームを押してみたり(笑)

実際にはヘコまないけど、ちょっと力強く押すと撓みます。

フレーム単体で875gと言われる軽量フレームです。

10年近く前にその重量は本当に軽い。

フォーク重量が345gだから合計で1220g

ただし、それはカタログ重量

実際には
f:id:masa308gts:20160209030328j:image

1480g(笑)

オイオイ


どんだけサバを読むんだ!

ロードバイクの世界ではよくある事なので驚きませんが。。

まぁ重い金属製のシートクランプのせいでもあります。

f:id:masa308gts:20160209030517j:image

コレね。

デザインの為に重いアルミ鋳造製のシートクランプを使い批判の対象だった物。



でも僕はそのデザインにかける心意気が好きなんですよ。

フレームとフォーク合計で1480gでも十分に軽いし。

TIMEのZXRSのフレームとほぼ同じ。

ただしTIMEはISPのシートポスト込みの重量だから同じ条件ならTIMEより200g位重いかな。

TIMEの完成重量が6.5㎏だから7㎏弱位には仕上がるでしょう。

f:id:masa308gts:20160209030957j:image

でも、そんな事はどうでもいいかな。

f:id:masa308gts:20160209031058j:image

眺めてるだけでも十分幸せだから。