ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

カンパニョーロ アテナ

オルベア オルカのコンポはシマノアルテグラにする予定と書きましたが、カンパニョーロのアテナを購入しました。

f:id:masa308gts:20160304223638j:image

1番の理由はWiggleで40%オフセールをやっていて、6万円以下だったので。

アルテグラどころか105より安かった!

f:id:masa308gts:20160304223943j:image

元々、操作性、デザイン、フィーリングについてはカンパニョーロの方が好みだったけど、カンパニョーロの価格の高さから諦めていました。

しかし、二代目オルカの美しさに惹かれてフレームを買ったのにデザインで妥協するのはどうなんだろ?って思っていました。


カンパニョーロにしてスッキリ!


でも、もう一つ問題が。。

ホイールです。

以前、カンパニョーロ コーラスのコンポを使っていましたが、今は無いのでホイールは全てシマノ コンポ用なのです。

f:id:masa308gts:20160304225040j:image

これがシマノ用のフリーボディ

正面から見るとこんな感じ。

f:id:masa308gts:20160304225115j:image


でも、カンパニョーロ用のフリーボディを持っているので、これを交換すれば大丈夫!

f:id:masa308gts:20160304225215j:image

これがカンパニョーロ用のフリーボディ

f:id:masa308gts:20160304225231j:image

ゾンダのホイールのフリーボディをカンパニョーロ用に交換しちゃいます。

f:id:masa308gts:20160304225334j:image

大好きなゾンダ 

ゾンダのカタログ重量は1550g

しかし、僕のゾンダは当たりなのか1520gなんです。

f:id:masa308gts:20160304225723j:image

フロント650g

f:id:masa308gts:20160304225744j:image

リアが870g

カタログ重量より、たった30g軽いだけじゃないかと思われますが

シマノフリーボディの方がカンパニョーロのフリーボディより50〜60g重いので、シマノ用のゾンダは通常実測で1600g位あります。

カンパニョーロのフリーボディに交換したら1470g位になっちゃう。


ちょっと嬉しい(笑)


アテナの話がゾンダの話に変わってしまった。

アテナが届いたら、いよいよオルカを完成させます!

f:id:masa308gts:20160304231019j:image