ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

フリーボディの交換

組立中のオルベアの2代目オルカ(2007年〜2009年)のコンポをカンパニョーロ アテナにすることが決定。

しかし、今の手持ちのホイールは全てシマノ用。

そこで、ゾンダのホイールのフリーボディをカンパニョーロ用に交換します。

f:id:masa308gts:20160313162602j:image

これがシマノ用のフリーボディ

交換はすごく簡単。

ボルトを固定しながら真ん中に六角レンチを差し込み緩めと簡単にフリーボディ本体が抜けます。

f:id:masa308gts:20160313162748j:image

グリスは以前補充したのでまだタップリ、キレイ。

外したシマノ用のフリーは実際にカンパニョーロ用のフリーと比べると重い。

倍位あるかも。

カンパニョーロのシマノユーザーへの嫌がらせですね(笑)

f:id:masa308gts:20160313163021j:image

交換したカンパニョーロ用のフリーボディ。

カンパニョーロ用のフリーボディは本体の根元に爪があり、そのままでは奥まで入りません。

3ヶ所の爪を押しながらフリーボディを奥まで入れます。

f:id:masa308gts:20160313163227j:image

これでカンパニョーロのスプロケが入りました。

アテナのスプロケはコーラスグレードと同じです。11速

f:id:masa308gts:20160313163337j:image

一気に仕上げたい気持ちを押さえて、ノンビリとね。

あれ?

サドルが変わってます。

それは次回。