ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

オルカのインプレ

オルベア オルカが完成したので、ちょっとインプレを。

f:id:masa308gts:20160330010425j:image

10年前の発売当時はかなり軽量モデルでした。

現在でも特に軽量パーツに拘って組んでいないにも関わらず7.2㎏

なかなか優秀です。


ホイールもアルミのZONDAなのに。

f:id:masa308gts:20160330010813j:image

発進加速はTIMEのZXRSと比べてもそれほど遜色ありません。

現在の水準でも軽快で速いと感じます。

f:id:masa308gts:20160330010805j:image

乗り心地もマイルドで衝撃吸収性もなかなか。

しかし、不思議なのは低速ではマイルドに感じるのに速度を上げると硬く感じる。


良質なカーボン特有のパリっとした感触もありますねぇ。


このバイク

不思議と重量以上に軽く感じるバイクなのです。


ヒルクライムなら6.5㎏とオルカより700g軽いZXRSよりこちらを選びたい位。

f:id:masa308gts:20160330011147j:image

中間加速はTIMEのZXRSの方がやはり鋭いけど、以前乗っていたキャノンデールのCAAD10よりは反応が速く感じます。

フラッグシップと言っても10年前のバイクだから、それなりだろうと思ってましたが、現在の水準でもかなりレベルが高い走りをしてくれます。

そりゃあプロや上級者が乗れば不満は感じるのだろうけど、僕レベルでは不満はほとんど感じません。

ただ重いステムを付けているのとエアロタイプのハンドルが原因だと思うけど、ハンドル周辺の重さを感じます。

気になるのはこれ位です。


f:id:masa308gts:20160330012249j:image

スタイリングは抜群です。

唯一の失敗は3Tのエアロタイプのハンドルはちょっと似合わない。

手持ちのハンドルで済ませたけど、本来ならシンプルなハンドルの方が良かった。


f:id:masa308gts:20160330013700j:image

床の間バイクではなく、ガンガン乗り尽くしたい。