ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

プロロゴ スクラッチ2 サドル

プロロゴのスクラッチ2 ペーター サガンモデルを購入してしばらく使用してみました。

f:id:masa308gts:20160406022105j:image

サドルはしばらく使ってみないとお尻との相性がわからない。

難しいです。

派手派手なサガンモデルは結局メリダのリアクトに取付けました。

f:id:masa308gts:20160406022249j:image

サドル重量は240g

プロロゴのサドルは重いのです。

サドルメーカーでいうと

セライタリアが軽いモデルが多く、次にサンマルコが軽いかな。

フィジークとプロロゴは比較的重い。


f:id:masa308gts:20160406022652j:image

サドルの重さってホイールとは違って走行性能に差はほとんど影響は無いけれど、ダンシングの時などバイクを振った時にフィーリングの違いはハッキリ感じます。

さて

肝心なお尻との相性はかなり良い!


いくつもサドルを試して判明した事があります。

僕はプロロゴのスクラッチやサンマルコのコンコールのようなラウンドタイプが合うんだと。


f:id:masa308gts:20160406023155j:image

こちらは相性の良いサンマルコのコンコール

f:id:masa308gts:20160406023225j:image

後ろから見るとラウンド形状なのがよくわかります。

サドルは大きく分けて、ラウンドタイプ、セミラウンドタイプ、フラットタイプがあります。

セミラウンドタイプはプロロゴのサドルで言えばナゴEVO

f:id:masa308gts:20160406023436j:image

フラットタイプはゼロシリーズです。

この3つの形状の種類で選ぶとお尻に合うサドルが見つかり易いと思います。

座骨を立てて一点固定で乗る僕みたいなタイプはラウンドタイプが合うと思います。


逆に頻繁にポジションを変える人はフラットタイプ。


僕は座った瞬間はセミラウンドタイプがしっくりくるのですが、長距離ではちょっと痛みがきます。

フラットタイプは30km位走っただけで痛みが出始めます。


因みに座った瞬間に「おおっ!」と感動するのはセラSMP

f:id:masa308gts:20160406024136j:image

実は1番お尻が痛くならないサドルは僕の場合、セラSMPなのですが、シルエットが好きになれないので使っていません。

形は重要なのです(笑)


プロロゴサドルは比較的重いという欠点はあるのですが、シート表皮の感触が非常に気持ち良い。

ちょっと滑りますが、スベスベな肌のようなシート表皮が好き。

スクラッチ2

気に入りました!







広告を非表示にする