ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

プロペル SLR2 vs リアクト400

最大手のGIANTとそれに次ぐMERIDA

アルミのエアロロードをリリースしています。

GIANTがプロペルSLR2

f:id:masa308gts:20160418031640j:image

MERIDAがリアクト400

ご存知のように僕はリアクト400を所有しています。

プロペルSLR2に試乗したので、ちょっと比較を。

プロペルの価格は195000円、重量は8.4㎏

リアクトの価格は159900円 重量は9.3㎏

重量差は900gもありますね。リアクトは重いから。

因みに僕のリアクトはホイールとステム、サドルが変更されていて、重量は吊るしのプロペルと同じ8.4㎏になっています。

f:id:masa308gts:20160418032139j:image

カーボンチューブラーを履かせて同じ重量って、ちょっとヘコみます。。

リアクトは主にトライアスロン用なのですが、実はプロペルと迷ってリアクトを選んだという経緯があるので、今回の試乗はちょっとドキドキでした。

プロペルがすげー良かったらどうしよう?って。

価格差は4万円位ありますが

プロペルはクランクもブレーキもシマノの105です。

f:id:masa308gts:20160418032606j:image

対するリアクトはクランクはFSAのゴッサマーだし、ブレーキもシマノではありません。

f:id:masa308gts:20160418032657j:image

つまり、この部分でコストダウンしているので実質的な価格差はないに等しい。

では乗り比べた印象を

ブレーキはプロペルの勝ち。

リアクトのブレーキは比べてしまうとやっぱり差を感じます。

f:id:masa308gts:20160418032937j:image

プロペルはノーマルブレーキなのに対し、リアクトのリアはダイレクトマウント。

整備性も悪いし。

乗り心地はあまり変わりません。
どちらも普通のアルミの水準。

つまり乗り心地はあまり良くないですね。
ダイレクトに衝撃は来ます。


剛性はプロペルの方がやや高いかな?


乗り易さはリアクトに慣れているのもあるけれど、リアクトです。リアクトはエアロの癖もなく普通のロードバイクという感じですが、プロペルはエアロっぽさを感じます。

加速はリアクト。
ここはちょっと自信がありました。リアクトの1番得意な分野だから。

でも僕のリアクトはホイールも違うし、ノーマル同士の比較ならあまり変わらないかもしれない。

平坦しか乗っていないですが、登りは1㎏近く重量差があるのでプロペルでしょう。

結論は

価格差でもあるリアクトのブレーキやクランクを105にしたら、ほぼ互角かな。

もう好みの問題。

僕は今選べと言われたら、もう1度リアクトを選びます。

理由はスタイルと言うかカラーリング

f:id:masa308gts:20160418034808j:image

僕はリアクトのランプレカラーが気に入ってるから。

f:id:masa308gts:20160418034854j:image

ピンクの差し色

プロペルの阪神タイガースを連想させるカラーはちょっと苦手。

でも、ジャイアントとメリダのライバル関係があるから、この価格でこんなレベルの高いバイクを買えるのですね。

感謝です。