ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

通勤用 Tern Link B7

世間はゴールデンウィークなのに仕事ですよ。。

せめて通勤は自転車に乗って気分転換したい。

f:id:masa308gts:20160430201108j:image

オルベア オルカで出勤

でも心配な事が。

オフィスが入るビルの駐輪場で盗難が頻発してます!

つい先日は隣の弁護士さんの電動自転車が盗まれました。弁護士の自転車盗むなよ〜!


屋根も無いし。

つまりセキュリティーや雨風が心配なのです。

盗まれたら本当に凹むわ。

以前まで使っていた通勤車のビアンキ VIRATAは現在福岡の事務所に置いてあるし。


f:id:masa308gts:20160430201727j:image

そこで通勤用の自転車を新調しました。

f:id:masa308gts:20160430201823j:image

ミニベロです!

Ternのエントリーモデル Link B7

Ternのラインナップの中で一番安いモデルですね。

でも、そこは流石Tern

塗装の質感等はなかなか高いです。


吊るしのまま乗ろうと一瞬思いましたが、血が騒ぐので、ちょっとだけモディファイしちゃいましょう(笑)


まずは反射板の類いは全て外す!

f:id:masa308gts:20160430202252j:image

ベルは街中で必要なので付けたままにします。

f:id:masa308gts:20160430202356j:image

続いてプラスチック製のペダルを外して交換。

f:id:masa308gts:20160430202434j:image

折り畳みペダルで便利ですが、手持ちのシマノSPDペダルに交換しちゃいます。

f:id:masa308gts:20160430202612j:image

片面がフラットペダルになっているPD-A530

このペダル

片面がSPD、もう片面がフラットペダルなので非常に使い勝手が良いんですね。

通勤用の自転車はいつもこのペダル。


続いてサドル!

エントリークラスに付いているサドルはもろにコストダウンの影響を受ける部分。

LINK B7もご多分に漏れずショボいサドル。

f:id:masa308gts:20160430203234j:image

ママチャリに付いてるサドルみたい。

f:id:masa308gts:20160430203257j:image

重いし。

サドルは厚いクッションの方がお尻が痛くならないと考える人が多いですが、それは違います。

ごく短距離なら厚いクッションのサドルは確かに快適ですが、長い距離を乗ると逆に疲れます。

f:id:masa308gts:20160430203522j:image

取り付けたサドルはサンマルコのPONZA TT

ミニベロにタイムトライアルやトライアスロン用のサドルです(笑)

リアマウント式のボトルケージも一緒に。


f:id:masa308gts:20160430203731j:image

なぜならボトルケージの取付穴がこんな場所にあるんです。

ボトルケージをここに付けると真横にボトルを付けることになってしまう。


ミニベロには実はトライアスロン用のリアマウント形式のボトルケージが役立ちます。

f:id:masa308gts:20160430204021j:image

こんな感じ。

最後にフロントバックを装着して完成!

f:id:masa308gts:20160430204108j:image

ミニベロって遅いと思っている人が多いですが、実は意外に速いんですよ。