ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

TIME FIRST

TIMEのロードバイクがたまらなく好きと書きました。

実はもう1台TIMEのバイクを所有してます。

フレームだけの状態ですが。。

f:id:masa308gts:20160519000607j:image

TIMEのファースト

ファーストは2013年に完成車として発売されました。

2014年は実質同じバイクがFluidity Firstと名前とカラーを変えて値上がりして発売されてましたね。

カーボン柄剥き出しの2013年モデルの方が好き。


f:id:masa308gts:20160519000858j:image

当時完成車で30万円という価格はちょっと衝撃。

なぜなら、それまでTIMEのバイクと言ったらフレーム売りだけで40万円オーバーだったで、完成車でその価格でTIMEのバイクが発売された事は話題になりました。

f:id:masa308gts:20160519001301j:image

おまけに台湾製とかではなくフランス製だったので尚更。

しっかりRTM工法で作られています。


f:id:masa308gts:20160519001412j:image

でも販売期間が短かった事もあり、このバイクの情報って殆ど無いんです。

個人のブログ等も殆どありません。

他に考えられる理由としては上級者のTIMEユーザーには見向きもされず、初級者にとっては105コンポ搭載モデルとしては高価に感じられるので、ちょっと中途半端な位置付けにあったとが考えられます。



ではトップモデルのZXRSとちょっと見比べてみましょう。

フロントフォークは殆ど同じ形状

f:id:masa308gts:20160519001708j:image

写真では角度が違いますが、並べると形状はほぼ同じ。

重量はシートクランプ込み、フレームとフロントフォークの合計で1490g

f:id:masa308gts:20160519001902j:image

ZXRSとほぼ同じだけど、ZXRSはISPのシートポスト込の重量だから実質的には200g位ファーストの方が重い位かな。

質感はカーボン柄剥き出しなので、凄みを感じます。

f:id:masa308gts:20160519002146j:image  

ZXRSはブラックの塗装で部分的にカーボン柄が出ているので、質感は意外にもファーストの方が高く感じる位。

見た目は廉価版という雰囲気は微塵も無く、TIMEの品質そのもの。

f:id:masa308gts:20160519002305j:image

TIMEのカーボン柄はすぐに分かります。


非常に特徴的なので。

f:id:masa308gts:20160519002416j:image

後ろ三角はラグです。インテグラRTMの文字がちょっと自慢気に見えます。

このファーストってバイク

フルイディティとジオメトリーが全く一緒なんですよね。

TIMEの言うパフォーマンスジオメトリーってヤツ。

フルイディティのカーボン素材のグレードをちょっと落としたのでしょうか。

f:id:masa308gts:20160519002649j:image

フルイディティと同じと言う事はヘッドチューブが長くてエンデュランス系なんです。

数少ないインプレを読むと非常に乗り易く、乗り心地が良いとの事。

TIMEのバイクは全体的に乗り心地が良いですが、その中でも剛性を少し落として、より乗り心地重視にしたモデルなんですね。

f:id:masa308gts:20160519004307j:image

ボトムブラケットは他のTIMEのバイクのようなBB30ではなく、プレスフィットBB

これは嬉しいポイント。


質感や重量はトップモデルと遜色無く、この価格はかなりのバーゲン価格だと分かります。

f:id:masa308gts:20160519011315j:image

まだフレームの状態ですが、以前知り合いのファーストに乗らせてもらって乗り味はちょっと知っています。

正にインプレ通りで、乗り易さと乗り心地の良さにビックリした記憶があります。

剛性不足は僕には感じられなかったかな。

f:id:masa308gts:20160519003449j:image

完成したら改めてZXRSと比較したいと思います。