ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

レース系とエンデュランス系


TIMEのバイクが2台

ZXRSとFIRST

f:id:masa308gts:20160521211845j:image

兄弟みたいに似ているけど、全く性質の異なる2台。

兄のZXRSはレース系

f:id:masa308gts:20160521212012j:image

弟のFIRSTはエンデュランス
まだ仮組みの状態ですが。。

f:id:masa308gts:20160521212041j:image

エンデュランス系って要するにロングライドを疲労感を少なくして楽に走るためのバイク。

姿勢は上体を起こしてアップライトな姿勢で乗ると楽ですからね。

あと直進安定性が高く、フラついたりしにくい。
衝撃吸収性も高めています。

レース系のバイクとは求められている要素が違うんですよね。

f:id:masa308gts:20160521212630j:image

使い方を考えると実はほとんどのホビーライダーにとってはエンデュランス系のバイクの方が用途に合ってます。

僕もその1人。

f:id:masa308gts:20160521212807j:image

でもね

本来はレースの為に発達してきたバイクだから、自分の主な用途を無視してレース系のバイクが欲しくなるのが男なのです(笑)

まぁ

トライアスロンのレースには使いますが。

この2台

カラーリングもほぼ同じなのでパッと見は似ていますが、性格は全然違うんですよね。

f:id:masa308gts:20160521211804j:image

でも家系と言うかやはり血は争えない。

エンデュランス系と謳っていますが、やはりレースと言うか速く走るDNAが入ってしまうのが、ちょっと笑えます。

エンデュランスと言うよりグランフォンドと言うほうがしっくりきますね。

TIMEのバイクに対する思想が出てる部分なんですね。

アメリカのメーカーのような大胆な割り切りが出来ないんですね。

f:id:masa308gts:20160521214001j:image
こちらはZXRSのフロントフォーク

f:id:masa308gts:20160521214034j:image
FIRSTのフロントフォーク

形状は一緒ですね。

ここから先は譲れないというプライドに惹かれるのです。