ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

TIMEのZXRSとFIRSTを比較してみた!

TIMEのZXRS 
現行のスカイロンの前のフラッグシップです。

f:id:masa308gts:20160615181508j:image

バリバリのレース系バイク。

一方

同じくTIMEのFIRST

30万円を切る価格で完成車として販売されたモデル 

ボトムレンジですね。

f:id:masa308gts:20160615182029j:image

僕のFIRSTはフレームから組んでいてパーツが違うので完成車の物とはちょっと違うけど、比較してみたいと思います。

TIMEのフラッグシップとボトムレンジ

価格も性質も異なりますが、実際にはどれ位違うのか?

因みに重量はZXRSが6.5㎏
コンポはアルテグラ Di2
ホイールはカンパニョーロ BORA ONE
タイヤはヴィットリア コルサCX チューブラー


FIRSTが7㎏ジャスト
コンポはカンパニョーロ アテナ
ホイールはカンパニョーロ ZONDA
タイヤはヴェロフレックス マスター クリンチャー(オープン チューブラー)

f:id:masa308gts:20160615182531j:image

意外にも見た目の質感は全く互角。

いや

ファーストの方がヌードカーボンで凄味を感じるかも。

f:id:masa308gts:20160615182837j:image

加速は当たり前だけど、違います。
ZXRSの方が上です。

でもFIRSTがダルいのか?と言ったらそんなことも無く、不満はありません。
リニアな加速感。

エンデュランスロードとしてはかなり速いと感じます。

完成車のインプレでは、ちょっと掛かりがイマイチと書かれてましたが、それは完成車に付いているホイールが原因だと思います。



乗り心地はエンデュランスバイクのFIRSTの圧勝かと思いきや、実は僕はZXRSの方が良く感じるのです。
良いと言うより、正確には好みと言った方が正しいかな。

ZXRSはタイヤがチューブラーだし、ハンドルもカーボンなので純粋にフレームだけの比較にはなりませんが、ZXRSの衝撃のいなし方が僕は好き。

タンっと一瞬で収束し、必要な路面状況の情報はしっかりと伝えてくれます。

FIRSTは収束させるというのではなく、吸収しちゃう感じ。

これは好みの問題ですね。

一般的にはFIRSTの方が乗り心地は良いと言うかもしれません。


f:id:masa308gts:20160615183458j:image

扱い易さは?

FIRSTです。

クセがなく本当に乗り易い。何年も乗り慣れたバイクのよう。

これが1番驚いた所かも。

ZXRSは低速ではちょっと不安定だから。
ZXRSはヒラヒラとハンドリングも機敏で戦闘機をイメージさせますが、ロングライドでは正直ちょっと疲れます。

ZXRSはリラックスして乗ると言うより、ファイティングポーズをとりながら乗る感じなので気持ち的な部分も影響しますね。

f:id:masa308gts:20160619022205j:image

ファーストはヘッドチューブが長めなのでリラックスポジションで乗れるし。

ロングライドなら迷わずファーストを選びます。
エンデュランスロードなので当たり前の結論ですね。

f:id:masa308gts:20160619022540j:image

最後に

僕が一番重視する楽しさは?

ZXRSです。

FIRSTもTIMEの味がしっかり感じられるし、かなり楽しいし、気持ち良いバイクです。

FIRSTはコンポもカンパニョーロなので変速やブレーキのコントロールもより好みです。

でも、まとまり過ぎているのか、尖った部分が無いので、ちょっと優等生的に感じました。

そこが良い部分であり、刺激が薄味とも言えます。

見た目がZXRSの方がカッコ良いと思っているので、それも影響しています。

でも、もう少し距離を乗り込んでいったら、評価は変わる気もします。

CAAD10に乗っていた時に感じましたが、突出した部分がなく平均値が高いバイクの方が使い勝手が良く、ジワジワと好きになっていくので。

いずれにしても、TIMEにしては廉価なFIRSTは実はかなりお買い得モデルだったと感じます。

エンデュランスロードと言うより、オールラウンドに近いバイク。

一部の熱心なTIME信者が気に食わない部分であると思うのですが、純粋なレーシングバイクブランドが初中級者に歩み寄ったバイクです。

f:id:masa308gts:20160619104612j:image