ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

エンデュランス ロードはちょい派手に

乗り心地も良く程々の剛性感

 

ロングライド主体の僕の使い方には恐らく最も合っているTIMEのFirst

やっぱりエンデュランス ロードは楽です。

 

乗り味は気に入っているけど、気に入らない部分もありますよ。

 

それは

 

スタイル。。

 

f:id:masa308gts:20160713021035j:image

 

エンデュランスロードはヘッドチューブが長く、トップチューブのスローピングがきつい。

 

ホリゾンタルをこよなく愛する僕は、やはりスタイルはイマイチに感じてしまう。

 

f:id:masa308gts:20160713021256j:image

1番最初に買ったロードバイクはフェルトのエンデュランスロード Zシリーズ

 

これもスローピングが嫌いだった。

 

そんな見た目が冴えないエンデュランスロードはどうしたらカッコ良くなるのか?

 

他のエンデュランスロードの画像を見ていて気付いた事があります。

 

f:id:masa308gts:20160713021638j:image

 

アンカーのRL8

 

f:id:masa308gts:20160713021657j:image

 

キャノンデールシナプス

 

 

レース系バイクと違い見た目が地味なエンデュランスロードはカラーリングを派手にして華やかにしてるんだね。

 

でも僕のFirstのフレームは黒。

 

ヌードカーボンなので、近付くとカーボン柄が見えてそれなりに見えるけど、離れると冴えない(笑)

 

派手な色に塗り替えるわけにもいきません。

 

f:id:masa308gts:20160713022142j:image

 

試しにホイールをZONDAから、手持ちのフルクラムのレーシングクアトロに替えてみました。

 

まずはZONDA

f:id:masa308gts:20160713022409j:image

 

レーシングクアトロ

f:id:masa308gts:20160713022420j:image

 

おおっ

 

レーシングクアトロはリムハイトが35㎜のセミディープ

 

リムハイトを高くすると見栄えは良くなります。

 

ではディープは?

 

これは流石に止めときましょう。

 

エンデュランスロードにディープホイールって矛盾していて何がしたいのか意味不明なので。。

 

 

地味なエンデュランスロードはちょい派手にすると華やかさが出ます。

 

しかし黒のフレームって難しいです。