読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

ジムニー レストア中

車検が切れて放置したままだったJA11 ジムニー

 外観は基本的にボロボロと言っていい位の状態。

 

f:id:masa308gts:20161008162746j:image

 

また復活させようと思い、ちょっとレストアします。

 

f:id:masa308gts:20161008162901j:image

 

まずは天井の補修

 

天井が垂れ下がってきたので、剥がすと劣化したスポンジがポロポロ落ちてきます。。

 

プラスチックダンボールで天井を作成。

 

f:id:masa308gts:20161008163041j:image

 

プラスチックダンボールはホームセンターで1000円位で購入。

 

カッターで簡単に切れるます。

天井のサイズに合わせてカット

 

f:id:masa308gts:20161008163209j:image

 

前部、後部と2枚作成し、はめ込みます。

 

ジムニーは真ん中に補強バーが入っているので、ここに挟みます。

 

f:id:masa308gts:20161008163348j:image

 

中々嵌められず、強引に押し込んだらシワができてしまった。。

 

まぁ仕方ない。

僕はA型ですが、細かい事は気にしない(笑)

 

 

続いて、クリアーが剥げて悲惨な状況のボンネット

 

f:id:masa308gts:20161008163557j:image

 

サンドペーパーで削り、平滑に仕上げます。

 

f:id:masa308gts:20161008163644j:image

 

かなり大変。車の塗装を削るという何とも言えない背徳感があります。

 

続いてサーフェーサーを吹きます。

 

f:id:masa308gts:20161008163832j:image

 

これは途中です。しっかりムラなく。

 

f:id:masa308gts:20161008163914j:image

 

スプレー缶なので、厚く塗り過ぎるとタレてきますね。

 

薄く何度も上から吹いた方がいいですね。

 

後で仕上げで補修しますが、ワイルド感が取り柄の古いジムニーなのであまり神経質にならずにアバウトでいいです。

 

この後、何回き重ね塗りをしていきます。

 

今日はこれ位。

 

時間にして4時間位。疲れたので、また明日以降にします。

 

f:id:masa308gts:20161008164642j:image

 

汚いエンジンルーム内もスチーム洗浄しないと。

 

プラモデル感覚で面白い!