ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

カーボンはトルク管理が大事

カーボン ロードバイクは軽くて素晴らしいけれど、デリケートですね。

 

扱いには気を使います。

 

ボルトを力任せに締め付けたらカーボンが破損してしまいます。

 

f:id:masa308gts:20161017235303j:image

 

指定のトルクで締め付ける必要があります。

 

カーボンに限らず指定トルクは守らないとね。

 

f:id:masa308gts:20161017235437j:image

 

特に本格的な物でなくても大丈夫だと思います。

 

僕が使っているのはトピークの簡易トルクレンチ

 

2000円以下で買えます。

 

締め付時のシャフトの捻じれを利用してトルクを表示するシンプルな物

 

f:id:masa308gts:20161018000002j:image

 

12n.mまで目盛りがありますが、実際に使えるのは9n.m位までだと思います。

 

f:id:masa308gts:20161018000159j:image

 

カーボンコラムの場合のステムの締め付けなんてかなり気を使います。

 

割れたら

 

泣くな

 

確実に。。