ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

カンパニョーロ POTENZA

アラベスクのコンボはカンパニョーロの新型POTENZAにしたので、ちょっとレビューしたいと思います。

 

本当はアテナのシルバーを付けたかったけど、POTENZAの登場で残念ながらアテナは廃番。

 

クランクだけはアテナを必死に探しましたよ。

 

f:id:masa308gts:20170510002718j:image

 

POTENZAは打倒シマノ アルテグラとして登場した背景から、カンパニョーロにしては価格は抑えめ。アルテグラよりはちょっと高いけど。

 

コンボのセット重量は2238gとアルテグラよりやや軽いです。

 

 

f:id:masa308gts:20170510003027j:image

 

因みにカンパニョーロのコンボは10速時代のレコードとコーラス、廃番になったアテナの経験があります。

 

TIMEのFirstはアテナ。

f:id:masa308gts:20170510012210j:image

 

ブレーキは相変わらず素晴らしい。ここはカンパの好きな部分。

 

コントロールし易く、僕はシマノより好み。

 

車の日本車とヨーロッパ車のブレーキの違いに似ていて、日本車は初期制動が高く、悪く言えばカックンブレーキになります。

 

ヨーロッパ車はジワっと効き、コントロール重視。

シマノとカンパニョーロのブレーキの違いも同じような感じで、これはブレーキに対する考え方、思想の違いなのかなと思います。

 

リアの変速は速いけど、レバーを押し込んで一瞬で離すとダメ。ちょっと一呼吸置いて離さないと、シャリシャリ鳴ります。

ここはコーラス以上と差を感じる所で、ちょっと不満があります。

 

僕だけでなく、ショップの店員さんも同じ事を言っていたので、個体差や調整の差ではないと思います。

 

f:id:masa308gts:20170510003833j:image

 

フロントの変速はシマノの方が全然上でしょう。

完全にアルテグラに負けてます。

特に夢のような変速をみせるDi2とは比較になりません。

 

f:id:masa308gts:20170510004003j:image

 

エルゴレバーはアテナと比べて若干丸みを帯びてます。

 

f:id:masa308gts:20170510004101j:image

 

こちらはアテナ。横からだと分かりづらいけど。。

 

 

握り心地はやはりシマノより好き。

エルゴレバーはファンが多いですよね。

 

ただシマノもかなり良くなってきており、以前ほどの差は無くなってきました。

 

 

f:id:masa308gts:20170510004422j:image

 

全体的に現代的な造形になってきており、カンパニョーロのクラシカルな美しさが好きだったので寂しいかな。

 

今回はクロモリのバイクに合わせる為にシルバーだったので余計にそう感じるのかもしれません。

 

ブラックでカーボンバイクに付けたらまた印象は変わると思います。

クロモリに似合うコンポが無くなってきているのが悲しい。

 

f:id:masa308gts:20170510010633j:image

 

クランクは特に印象を大きく左右するので、4アームのPOTENZAではなく、アテナにしましたが、これから先はクロモリ乗りはどうなるのでしょうかね?

 

もう流石にアテナクランクも無いでしょうし。

重量を無視してヴェローチェかな?

 

総じてPOTENZAの印象はちょっと微妙。

カンパニョーロならではの趣味性や個性が薄まり特別感はあまり感じません。

 

時代の流れなのか?

昔のカンパニョーロは憧れの存在で、圧倒的だったのに。

寂しさを感じるなぁ。