ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

バイクパッキングで旅へ

たまに自転車で旅に出かけたくなります。

 

f:id:masa308gts:20170807014240j:image

 

こんな本を読んで、雄大な自然の景色の写真を眺めながら妄想します。

 

最近はバイクパッキングが流行ってますね。

流行ってると言っても雑誌の中だけの話で、実は街中でバイクパッキングしたバイクを見たことありませんが(笑)

 

f:id:masa308gts:20170807014513j:image

 

ブームの火付け役はスタイリッシュなアピデュラの大型サドルバッグだと思います。

 

アピデュラは高いので買えず、安いドッペルギャンガーとブルベ用に購入していたオルトリーブのサドルバッグを持っています。

 

f:id:masa308gts:20170807014810j:image

 

まずドッペルギャンガーは大き過ぎる。。

全然スタイリッシュではありません(笑)

 

そもそも、キャンプ用具とか入れなければ、これ程の大きさは必要ありません。

 

もっと小さく畳めますけどね。

 

でも、このバッグは固定がイマイチで左右にバッグが揺れます。

走ってると、かなり気になる。

 

今はオルトリーブのLサイズをメインで使っています。

 

f:id:masa308gts:20170807015255j:image 

見た目もスッキリ。

 

オルトリーブはサドルのレールにガッチリ固定されるので左右に揺さぶられる事もなく快適。

 

f:id:masa308gts:20170807015552j:image

 

やはり定番には意味があるのです。

 

容量は少し足りないので、フロントバッグで補います。

f:id:masa308gts:20170807015540j:image

 

モンベルのバッグ

 

オルトリーブと同じグレーなので違和感も無いです。

 

1泊位の旅なら、これで充分

 

バッグに余裕があると、アレもコレも詰め込みたくなりますが、余裕がないと持ち物を厳選すたり、パッキングも工夫したりするので、少し小さい方がいいのかも。

 

ペダルをSPDに換えれば、旅先のシューズを別に用意しなくてもいいし。

 

バイクもグラベルロードとか持っていると、更に便利なんでしょうが、ここもロードバイクに25Cとか28Cのタイヤを履かせれば大丈夫でしょう。

 

グラベルはよっぽどの環境じゃないと遭遇しないし(笑)

 

グラベルは楽しそうなので、走ってみたいですけどね。

 

パナレーサーグラベルキングの26Cとか履かせればグラベルも走れそう。

 

f:id:masa308gts:20170807020601j:image

 

お盆にちょっと旅に出る予定。

 

f:id:masa308gts:20170807020938j:image

 

猛暑なら秋に延期しますけど。。

 

地図を見ながら計画している時もまた楽しいひと時。