ROAD & TRIP

旅とロードバイクの生活を綴っています。

イタルスポーツに決定

涼しくなったと思ったら、また異常な暑さが戻ってきて、バテバテです。

 

もう少し涼しくならないと自転車旅なんて行けない。。

 

最近はクロモリバイクの方が楽しくなってきてしまい、クロモリばかり乗ってます。

 

安価で気軽にガンガン乗れるクロモリが欲しい。とずっと思っていました。

通勤や旅に使いたくて。

 

ずっと考えていた候補は

BASSOのヴァイパー

GIOS

そしてミヤタのイタルスポーツ

 

バッソが有力でしたが、カラーリングがイマイチ好きになれず

GIOSはブルーしかない笑

 

結局、ミヤタのイタルスポーツに決定!

f:id:masa308gts:20180823004854j:image

 

シルバーカラーに乗りたかったから。

あとはフレームの素性の良さ。

 

f:id:masa308gts:20180823005510j:image

 

クロモリは好きだけど、剛性が低く進まないバイクは嫌だったので。

 

螺旋状のリブが入り、軽さと剛性を確保したミヤタのS.S.T.Bのフレーム技術

 

 

 

ちょっと残念なのは2016年モデルのカラーの方が好きでした。

上の画像は2018年モデル

 

クラシカルな胴抜きのデザイン

 

2016年モデルはシンプルなロゴ

f:id:masa308gts:20180823005345j:image

 

前のシンプルなロゴの方が好きだったのに。

そこだけは残念。

 

ちょっとした企みがあって

 

細いクロモリフレームにディープリムのホイールを履かせたい‼️

 

f:id:masa308gts:20180823005811j:image

こんな感じ

 

クロモリにはローハイトのホイールが定番だけど

f:id:masa308gts:20180823005927j:image

 

それでも、ディープホイールを履かせたい!

 

f:id:masa308gts:20180823011540j:image

トーケンのC55A

 

伝統的なイタリアンブランドでやると怒られそうだけど、ミヤタなら許されるんじゃないか?(笑)という浅はかな考えですが。

 

安いけど素性の良いフレームで、クラシカル路線ではなく、現代的な走れるクロモリに仕上げたいなと考えています。

 

テーマは大人の雰囲気かつ、そこそこ速いクロモリロードバイク

 

なんか燃えてきた(笑)