ROAD & TRIP

旅とロードバイクの生活を綴っています。

素材による重量の違い

ロードバイクの素材はカーボン、アルミ、スチール(クロモリ)

 

今、友人のバイクをメンテ等で預かっているので、ちょっと重量を計ってみました。

 

f:id:masa308gts:20180927003030j:image

 

まずはアルミバイク

 

ガノーのRHC

完成車で販売されていたRHCですが、このバイクは僕が中古のフレームから組んだ物です。

 

重量は8.5㎏

 

アルミバイクとしては、やや軽いって感じでしょうか?

エントリークラスのカーボンの完成車もこの位ですね。

 

因みにコンポは105

ホイールはアルテグラ

 

f:id:masa308gts:20180927003759j:image

続いてはクロモリ

GIOSのフェニーチェ

 

重量は9.5㎏

コンポはクラリスなのに、ホイールはカンパニョーロのZONDAという謎の仕様

 

コンポがクラリスなので、標準的な105とかなら、あと300〜400g位軽くなるかな。

 

f:id:masa308gts:20180927004200j:image

こちらは僕のバイクで、コルナゴアラベスク

 

重量は8.4㎏

 

同じクロモリでもジオスのフェニーチェより1㎏以上軽いです。

 

コンポはカンパニョーロのポテンツァでクランクだけアテナ

特に軽量化はしていないですが、ホイールがカンパニョーロのニュートロン ウルトラなので、クロモリとしては軽いですね。

 

ただ、ほぼ同重量のアルミバイクのガノーと持ち比べてみると、不思議とコルナゴの方がズッシリと重さを感じます。

 

f:id:masa308gts:20180927005042j:image

 

カーボンのTIMEのZXRS

 

重量は6.7㎏!

 

やはりカーボンは軽いです。

コンポは電動アルテグラ

ホイールはボーラワン

 

素材による違いで重量はカーボン、アルミ、クロモリの順に500g〜1㎏位重くなるイメージ

 

最近ではフレーム重量1000gとカーボン並の軽さのアルミもありますが、それは例外で。

 

番外編で

グラベルロードのスペシャライズドのDiverge

f:id:masa308gts:20180927010046j:image

 

素材はアルミですが

重量は10.2㎏

 

重いっ!

クロモリより重いです。

ディスクブレーキで500gは重くなりますが、それを差し引いても重いです。

 

輪行すると肩が痛くなり、かなり辛いレベル

 

今回は何が言いたいのか?

単純にバイク重量を全部計りたくなっただけです(笑)