ROAD & TRIP

旅とロードバイクの生活を綴っています。

GIOS レジーナ

新しい彼女です!

中古ですが。

 

なんか響きが良くないな。笑

 

f:id:masa308gts:20190317162934j:image

 

GIOSのレジーナ 

 

ホリゾンタルでもないし、チューブ太いけど、こう見えてもクロモリなんですよ。

アルミバイクみたい。

 

f:id:masa308gts:20190312014628j:image

 

コンポはカンパニョーロのアテナ

 

f:id:masa308gts:20190312014801j:image

 

クランクはやはり最近の4アームより、この5アームの方がカッコ良いと思う!

 

f:id:masa308gts:20190312014934j:image

 

肝心の走りですが、クロモリなんだけどカーボンみたいな感覚もあるし、今まで乗った事のない不思議な感覚なんだな。

 

クロモリのワンテンポ遅れて加速する感じはなく、タイムラグなく加速します。

重量が軽いからかな?

 

クロモリを重量で敬遠している人には良いかも。

カーボンチューブラー履かせたら7.4㎏位になりました。

 

その代わりにクロモリの重量からくる安定感、、直進安定性は少ないです。

キビキビ動く部分がカーボンバイクっぽいし、バネ感は感じるのでクロモリっぽさも残ってるし、初めての感覚かな。

 

完全なホリゾンタルじゃないし、チューブも太くてスタイル的にはクロモリ感はゼロだから、クロモリの美しさを求める人にはどうなんだろう?って思います。

 

f:id:masa308gts:20190317163058j:image

 

でも、僕はかなり気に入っています!

 

だってクロモリで、ガンガン躊躇なく乗れるバイクが欲しかったから。

金属フレームの飛び道具が必要だった。

 

気に入らない部分はジオスのロゴの多さ。笑

 

ジオスのバイクって何で全てのチューブやフロントフォークにGIOSの文字が入ってるんだろう?笑

 

しつこい位のジオス主張が嫌い。

もっとシンプルにして欲しい。

 

このバイクについていたサドルはセライタリアのSLR 

 

f:id:masa308gts:20190313012815j:image

 

135gしかなくて、あまりの軽さに笑ってしまいました。

 

フラットな座面のSLRはあまり僕の好みじゃないんだけど、この軽さは魅力

 

すぐに他のサドルに交換しようと思ったけど、ちょっと様子を見ます。

 

カーボンバイクに遜色なく走れるレーシングクロモリ

 

これならヒルクライムも何とかなりそう。多分。。

 

f:id:masa308gts:20190317164406j:image