ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

飛行機輪行用のバッグ

飛行機輪行ってハードル高いですよね。

バイクが壊されないか心配だし、ハードケースは高いし。。

安全なのはやはりハードケースでしょう。

ハードケースで最も代表的なのはシーコン。

f:id:masa308gts:20160420023023j:image

多くのプロチームも数多く使っているから、間違いない。

でも


高い。。

7万円位します。

1番安いのはコレ

f:id:masa308gts:20160420023330j:image

TNI

これは4万円位。シーコンに比べると安いですが、でも高いですよね。


頻繁に飛行機輪行するなら元を取れるかもしれないけど、年に1〜2回の僕には勿体無い。

あとハードケースは重い!

僕はセミハードというかソフトというか

定番のオーストリッチのOS500を使っています。

f:id:masa308gts:20160420023742j:image

クッションもあるし、よほど乱暴に扱われない限り大丈夫。

実売価格は15000円位でしょうか。

収納も沢山あって、やはり日本製はよく考えられています。

3つ折りにできるのでハードケースに比べて使わない時の保管も楽です。


実はセミハードをもう一つ持っています。

f:id:masa308gts:20160420024115j:image

TIMEのバイクトラベルバッグ。価格は16000円だったと思います。

ちょっと珍しい製品なのです。
TIMEの名前に惹かれた(笑)

定番中の定番のオーストリッチより一回り大きい。

大きいので収納は楽ですが、クッションはオーストリッチに少し劣るし、収納も少ないしで、オーストリッチに勝る部分は希少性だけ。。

f:id:masa308gts:20160420024433j:image

左右にホイールの収納だけあります。

オーストリッチは空港で沢山見かけるけど、このバッグは人と被らない!

だけど良い部分はそれ位。

素直にオーストリッチにした方が良いです。


僕みたいなTIMEマニア、TIME教の人にはオススメ(笑)

僕は気に入ってます。