ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

ニュートロン 軽っ!

TIME Firstのホイールをカンパニョーロのゾンダからニュートロン ウルトラに交換。

 

f:id:masa308gts:20161022141841j:image

 

ゾンダは1550g、ニュートロン ウルトラが1470gです。

 

f:id:masa308gts:20161022141957j:image

 

見た目はゾンダの方が好き。

 

ニュートロンはクラシカルと言うか地味。

 

タイヤもゾンダのミシュラン Pro4から軽量なベロフレックス マスターに変更されているので、トータルだと120〜130gの軽量化になってます。

 

f:id:masa308gts:20161022142343j:image

 

では走り出します。

 

「軽っ!」

 

漕ぎ出しの軽さにビックリ。

自然に脚がストンと落ちます。

 

ゾンダとはかなりの違いを感じます。

 

やはりリムの軽さでしょう。

 

巡行性はゾンダとそれ程違いは感じませんが、スポークの多さから掛かりの良さを感じます。

乗り心地はゾンダの方がやや優しい感じ。

 

硬くもなく、柔らかくもなく、ちょうど良い。

 

ローハイトなので、脚を止めた時にスピードの落ちが早いとレビュー等にありましたが、ゾンダとの違いは殆ど感じませんでした。

 

ポーラワンと比べれば、違うけど。

 

f:id:masa308gts:20161022144520j:image

クラシカルな見た目ですが、バイクと合わせてもあまり違和感は感じない。

 

ホイールと言うより、スキンサイドのタイヤの印象が強いですね。

 

f:id:masa308gts:20161022145208j:image

 

見た目を含め、メインバイクのZXRSとの違い、棲み分けがよりハッキリした感じ。

 

今までは似ていて、見分けがつき難いと言われていたので(笑)

 

まだヒルクライムはしていませんが、ZXRSより楽な気がします。

 

やはりバイクはホイールで激変します。