ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

ミニベロでロングライドしてみたら

本当は家から12㎞離れたオフィスに行こうと思っただけなのに。

 

ちょっと回り道をして走るつもりだったのに。。

 

気付いたら100㎞近く(正確には94㎞)をミニベロで走ってしまいました。

 

f:id:masa308gts:20161127014203j:image

 

ターンの最廉価モデルの「リンク B7」

僕の通勤用のミニベロです。

 

ミニベロって街中を短距離乗るには最高。

しかし

長距離は止めた方がいいですよ(笑)

 

ミニベロで走る100㎞はロードバイクで走る160㎞より疲れます!

 

まずミニベロは乗り心地が悪い。

 

標準で付いてくる安いKENDAのタイヤ「K WEST」もその原因の一つかもしれません。

f:id:masa308gts:20161127014859j:image

 

街中を走るには充分ですが、距離を走るにはタイヤ換えないとキツイ。

 

抵抗も大きくて25㎞以上を維持するのは大変。

 

フレームの衝撃吸収性も悪く、ガツンガツンと衝撃が伝わってきます。

 

ハンドルもクイックなので、ロードのように軽くブラケット上に手を添えるような乗り方ではなく、ある程度しっかりハンドルを握っている必要があります。

 

f:id:masa308gts:20161127015231j:image

お尻も痛くなる。

 

50㎞過ぎ位から痛みを感じ始めました。

因みに僕のターンにはロード用というか、トライアスロン用のサドルをつけています。

 

サンマルコのPONZA TTというサドル。

 

ミニベロはロードよりどっしりと体重を掛けて座るから、痛みが出やすいですね。

 

ロード用よりもう少しクッション性の高いサドルのが合うかも。

 

f:id:masa308gts:20161127015842j:image

 

軽く近所を走るだけならフラットペダルでいいけれど、長距離を走るならSPDだとちょっと楽になります。

 

f:id:masa308gts:20161127020533j:image

 

ネガティヴな事を多く書きましたが、ミニベロって長距離を走るのに適した乗り物ではないので当然ですね。

 

10〜20㎞位なら快適に走れますよ。

 

f:id:masa308gts:20161127020840j:image

 

クイックなハンドリングも街中なら小回りが利くというメリットになるしね。

 

何より普段着で軽い気持ちで走り出せるって重要ですよね。ロードと違って心理的なハードルが低いから。

 

あとね

 

やはりスタイルがカッコ可愛い。

 

ターンて、ダホンより男っぽい気がします。

ちょっとクールでスポーティなイメージ。

 

ロングライドは苦行だけど、ミニベロはロードと違う楽しさがあるのです。