ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

コルナゴ サドルバッグ

コルナゴの復刻版アラベスクに完全にハマっています。

 

美しいシルエットを壊したくないので、ボトルケージは1つしか着けたくありません。

 

そこでサドルバッグを使います。

 

f:id:masa308gts:20170516021413j:image

 

以前、コルナゴのテクノスにつけていたサドルバッグを引っ張り出して利用します。

 

f:id:masa308gts:20170516021541j:image

 

横から見るとこんな感じ

 

f:id:masa308gts:20170516021613j:image

 

シンプルなマジックテープ

 

サドルバッグはマジックテープ式が1番楽。

 

f:id:masa308gts:20170516021709j:image

 

容量は非常に小さくて、予備のチューブとタイヤレバーしか入りません。

 

このサドルバッグはかな〜り安っぽいです。

 

1500円位なのですが、値段を考えてもショボい(笑)

驚くことにコルナゴの純正品なんですよね。

 

f:id:masa308gts:20170516022011j:image

 

他のバイクではツール缶を使っています

f:id:masa308gts:20170516022102j:image

 

スチールバイクにはシートチューブにボトルケージは似合わないと思っているので。

 

ダウンチューブのボトルケージはシンプルなエリートのチウッシ

f:id:masa308gts:20170516022339j:image

 

スチールバイクにはやはりクラシカルなボトルケージが似合います。

 

f:id:masa308gts:20170516022603j:image

 

スチールバイクは選択肢が限られてくるので、ちょっと難しいです。

 

ホイールもローハイトのカンパのニュートロン ウルトラ

f:id:masa308gts:20170516022728j:image

 

カーボンのハブは似合わないけど、ニュートロン ウルトラもクラシカルなデザインなので全体的な雰囲気は壊れていないと思います。

 

カーボンバイクにつけると地味であまり似合わないホイールだけど、スチールバイクとの相性は良い!

 

スチールバイクは流儀や王道があって、面倒臭い部分もあるけど、それを守ると、纏まりが出るのも事実なのです。 

 

しかし、今回のコルナゴのサドルバッグ

もう少し質感に拘ってほしいな。

 

代理店さん、もうちょっと頑張って下さい(笑)