ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

セラロイヤル Remed サドルの詳細

実売価格1600円という信じられない価格のセラロイヤルのサドル「リメッド」

 

シェイクスフードの時と同じく、もっと詳しく知りたいとのリクエス

 

ハイ

 

頑張ります(笑)

 

f:id:masa308gts:20170717211205j:image

 

サドルの裏側は表皮がホチキスの針でベースにバチバチと留められていて雑ですが、表面は素材の質感も高く、決して安っぽさは感じません。

 

f:id:masa308gts:20170717211419j:image

 

サドルは3つのゾーンで構成されています。

 

坐骨が当たるサポートゾーン

 

中央のリカバリーゾーン

 

f:id:masa308gts:20170717211552j:image

 

先端のアクティブゾーンの3箇所

 

それぞれのゾーンの役割は兎も角、このサドルは僕が経験した中では最もクッション性の高いサドルです。

 

クッション性が高く、柔らかければお尻は痛くならないか?と言われれば、そうとは言えないのがサドル選びの難しさですが、少なくともぼはこのサドルでは100㎞位で痺れや痛みは出てきません。

 

1万円以上するサドルでも、これより合わないサドルは沢山ありました。

 

僕はサドルの柔らかさがペダルを踏み込んだ時のロスに繋がる感覚がありますが、別にタイムを争わないロングライドや街乗りにはかなり適したサドルだと思っています。

 

f:id:masa308gts:20170717212207j:image

 

横から見てもクッションの分厚さはあまり感じず、シルエットも悪くないと思いますが、どうでしょう?

 

カラーコーディネートとしてはメーカー純正みたいにバイクに似合います。

 

見かけはかなり気に入ってます。

 

費用対効果ではこれを上回る物はそうそう無いでしょうね。

上級者は柔らかさと重量からこのサドルを選ぶ事は少ないと思いますが、初級者にはかなり相性が良いと感じました。

 

決してセラロイヤルの回し者ではありません(笑)