ROAD & TRIP

旅とロードバイクの生活を綴っています。

冬用ベースレイヤー

かなり寒くなってきましたね。

冬本番に突入です。

 

遂にと言うか、やっとと言うか

 

冬用のベースレイヤー(インナー)を購入しました!

 

だってインナーに6000円とか1万円を出す勇気なかったんですよ。

 

f:id:masa308gts:20181214010500j:image

 

でも、買う事に決めました!

 

福岡出張のついでにワイズロード天神に寄り道です。

 

すごい種類のベースレイヤーがあります。

 

パールイズミ

CRAFT

シマノ

カペルミュール

GORE…

 

どれを買って良いか分からない。。

 

この中での定番はCRAFTでしょうか?

モンベルのジオラインとクラフトが有名です。

 

購入したのはシマノ

 

f:id:masa308gts:20181214011107j:image

 

ブレスハイパー+℃

ちょっと意味不明の製品名(笑)

 

f:id:masa308gts:20181214011253j:image

 

5℃対応の物です。

 

シマノを選んだ理由は

割引してて安かったから(笑)

それでも6000円しますが。。

 

価格を考えなければアソスが抜群にカッコ良くて欲しいのですが

 

インナーに2万円近くは出せません!

 

f:id:masa308gts:20181214011548j:image

でもカッコ良いです。アソス

 

さて、シマノのブレスハイパー+℃

 

暖かい!肌触りが気持ち良い!

 

透湿速乾性が高いと言うのでしょうか?

汗かいてもすぐ乾き、不快感無し。

 

他の製品は知らないですが

かなり満足です。

 

ベースレイヤー

もっと早く買っていれば良かった。

 

これがあるだけで全然違います。

 

間違ってもユニクロヒートテックはダメです。僕は初心者の頃、ヒートテックを下に着て風邪ひきましたから!

 

汗は乾かず、不快で逆に体温奪われるので、ヒートテックはスポーツには使えませんから。

 

ベースレイヤーも良かったけど

久しぶりの福岡

 

楽し過ぎる(笑)

新型ジムニーがやって来た

本日、新型ジムニーが納車されました!

 

f:id:masa308gts:20181210012333j:image

 

発売日の翌日に予約したけど、半年待ちと言われ、結果は5ヶ月で納車。

人気なんですね。

 

f:id:masa308gts:20181210012548j:image

 

僕はご先祖様の古いJA11ジムニーを所有していますが、JA11はお別れです。

今、乗っても楽しく、カッコ良いと思うので悲しい気持ちもあります。

 

f:id:masa308gts:20181210012950j:image

 

やはり、新車はテンションが上がります!

 

本日100㎞位走ってみました。

 

f:id:masa308gts:20181210013130j:image

JA11とは全く違って、いたって快適(笑)

 

ファーストカーのジーラングラーアンリミテッドと比べても、乗り心地が良い。

 

f:id:masa308gts:20181210013446j:image

 

発進ではやや力不足を感じますが、気になる程ではありません。

 

この辺りはディーラーで試乗した時にわかっていました。

 

ディーラーの周囲をチョイ乗りしただけでは分からないことも沢山あります。

まず、70〜80㎞の速度域が気持ち良いです。

 

パワステも軽過ぎず、適度な重さは僕好み。

 

f:id:masa308gts:20181210013840j:image

タイヤはブリジストンデューラー

 

このタイヤはジムニーの乗り心地の良さに大きく寄与していると思います。

 

難点はウィンカーの音のショボさ(笑)

安っぽい音で、ちょっと笑っちゃう位。

 

さて、ここは自転車のブログなのでロードバイクを載せてみましょう。

 

f:id:masa308gts:20181210014519j:image

 

JA11と比べて、荷室の床が高いのでちょっと不安

 

f:id:masa308gts:20181210014731j:image

 

前後のホイールを外せば2台は入ります。

 

でも、やはり高さがやや不足しているので、僕のバイクはサドルを下げないと入らない。

 

イヤ、正確には入るんだけど、チェーンが天井に当たり、汚れます。。

 

因みに僕の身長は174㎝で、サドル高は69.5㎝です。

JA11はサドルを下げずに、そのまま積めたので、ここは残念な部分です。

 

便利だなと思ったのは、この収納

f:id:masa308gts:20181210015524j:image

 

ここを開けると

 

f:id:masa308gts:20181210015550j:image

 

下に小さな収納があります。

 

f:id:masa308gts:20181210015626j:image

ビンディングシューズがぴったり入る(笑)

便利!

 

まぁ普通に荷室にシューズを入れても別な困らないけど、何となく嬉しい。

 

f:id:masa308gts:20181210015904j:image

 

シートはフルフラットになります!

これは嬉しい。

車中泊が出来るなとワクワクします。

 

但し、このままだと段差があり、不快なのでマットは必須です。

 

このジムニー

 

使い倒したい!

 

ロードバイクだけでなく、グラベルロードのディヴァージュを積んで旅に行きたい!

 

f:id:masa308gts:20181210020255j:image

 

林道やグラベルを走って、キャンプして。

 

秘密基地を手に入れたみたいでワクワクしてます。

レザイン

気付いたら1ヶ月ブログを未更新でした!!

 

ご無沙汰しております。

 

ずっと出張続きでした。。

 

自転車関連の商品てかなり好みが出てきますよね。

 

僕の場合はシューズはGIRO

ウェアー関係はラファが多いです。

 

最近気付いたのはレザイン

レザインのカラーとデザインが好みなのです。

 

f:id:masa308gts:20181129235048j:image

 

これはレザインのリアライト

 

f:id:masa308gts:20181129235121j:image

 

フレームに合わせてキャンディレッド

 

その他には

 

f:id:masa308gts:20181129235215j:image

 

サドルバッグ

 

f:id:masa308gts:20181129235329j:image

フロアポンプ

 

f:id:masa308gts:20181129235352j:image

 

僕にとってレザインのイメージってポリッシュシルバー

 

f:id:masa308gts:20181129235526j:image

 

いかにも計器って感じでメーターのデザインもカッコ良いのです。

 

f:id:masa308gts:20181129235630j:image

 

ツールも使っています。

ズッシリとしていて、力が伝わり易く工具として素晴らしいのですが、難点は重さ。

 

ズッシリと重いので、サドルバッグやツール缶に入れて携帯するのはちょっと気が引けます(笑)

 

機能も勿論大切ですが、デザインが美しいとより愛着も増します!

 

クロモリバイクと海と山

鉄、海、山と言う意味のFerro Mari e Monti

 

大会当日

 

f:id:masa308gts:20181029000700j:image

 

9時前位に緩く集まり、記念撮影をし、10時位に緩くスタート笑

 

f:id:masa308gts:20181029001751j:image

 

スタートまでは他の参加者達のバイクを鑑賞

 

f:id:masa308gts:20181029004640j:image

 

貴重なビンテージバイクがズラリと並ぶ様子は壮観でした。

 

f:id:masa308gts:20181029000737j:image

 

いよいよスタート!

 

雰囲気は緩いけど、コースは緩くないです。。

 

ただでさえ重量のあるクロモリバイクに、小さなギアしかついていないので、ヒルクライムが辛いです。

 

f:id:masa308gts:20181029001236j:image

グラベル区間もあります

 

f:id:masa308gts:20181029001330j:image

 

エディメルクスのコルサ エクストラ

 

ヒルクライムではギシギシと軋み音をたてながら、頑張ってくれました(笑)

 

チーム練習をしていたカーボンバイクの集団にぶち抜かれましたが。。

 

f:id:masa308gts:20181029002837j:image

このイベントは走るコースが変化に富んでいて、楽しいですよ。

 

田園風景、グラベルヒルクライム、海岸線

 

f:id:masa308gts:20181029004415j:image

 

お寺がエイドステーションなんて、このイベントくらいではないかな?

 

f:id:masa308gts:20181029003038j:image

 

お寺の周りに並ぶビンテージバイクが良い雰囲気でしっくりきてました。

 

f:id:masa308gts:20181029003147j:image

 

参加者達も気さくな人達が多く、会話が楽しいんですよ。雰囲気は抜群。

 

f:id:masa308gts:20181029005447j:image

 

お寺のエイドステーションではおばあちゃんがいなり寿司、お煎餅、お饅頭を配ってくれます。

 

f:id:masa308gts:20181029004430j:image

 

大人のイベントって感じで、参加者達もお互い助け合ったりして、素敵だなと。

 

温かい気持ちになり、元気を貰えました。

 

あと、お洒落でセンスが良い人が多いのも特徴。

 

本当に良いイベントだと思います。

 

f:id:masa308gts:20181029003615j:image

 

潮の香りを楽しみながら海岸線を走り、金谷美術館にゴール

 

達成感!

 

f:id:masa308gts:20181029004056j:image

 

また来年も参加しようっと!

 

 

房総 金谷

クロモリバイクのイベント「Ferro Mari e Monti」の前日

 

富津市の金谷までやって来ました!

 

f:id:masa308gts:20181027160442j:image

 

やっぱり海を見ると癒される。

 

会場の金谷美術館

 

f:id:masa308gts:20181027160623j:image

 

前日の受付とゼッケンの引き換えに向かいます。

 

f:id:masa308gts:20181027160846j:image

 

本当に小さなイベントだけど、その手作り感、主催者と参加者の距離の近さが好きなのです。

 

ホノボノとしてます。笑

 

f:id:masa308gts:20181027160727j:image

 

リンプロジェクトやイタリア大使館が後援

 

f:id:masa308gts:20181027161202j:image

ヴィンテージパーツや小物の販売もしています。

 

f:id:masa308gts:20181027161314j:image

 

見ているだけで楽しくなる。

 

f:id:masa308gts:20181027161355j:image

 

ズラリと並ぶビンテージ クロモリバイク達

 

やはり、他の参加者達のバイクが気になります。

 

f:id:masa308gts:20181027201835j:image

 

明日はラファのビンテージっぽい雰囲気のジャージで参加します。

 

このジャージは1974年のジロ デ イタリアをモチーフにした物

 

このジャージはエディ メルクスに敗れたゼッケン132番のバロンケッリをモチーフにした物なのです。

 

しかし、明日乗るのバイクははまさかのエディ メルクス。。

 

f:id:masa308gts:20181027201559j:image

 

1番お気に入りのジャージです。

 

f:id:masa308gts:20181027201657j:image

 

本物のニットのビンテージ ジャージはツレに取られました。。

 

f:id:masa308gts:20181027162124j:image

 

雰囲気大事!

 

f:id:masa308gts:20181027162357j:image

 

楽しみです!

 

f:id:masa308gts:20181027201923j:image

トゥクリップ

週末に千葉の金谷で開催されるフェッロ マリ エ モンティ

 

参加条件の中で必須なのが、ビンディングペダルの禁止

 

トゥクリップかフラットペダルのみ!!

 

普段はビンディングペダルなので、これは厳しい。。

 

f:id:masa308gts:20181025003207j:image

 

仕方ないので入手しましたよ。

 

f:id:masa308gts:20181025003242j:image

 

ビンディングペダルなら足を捻れば外れますがベルトで固定なんて怖すぎる。。

 

ベルトは緩めておこう。笑

 

f:id:masa308gts:20181025003406j:image

 

ビンディングシューズもクリートを外します。

 

f:id:masa308gts:20181025003440j:image

 

購入した時に付いていたカバーを捨てないで良かった。

 

f:id:masa308gts:20181025003520j:image

クリートを外してカバーを装着

 

f:id:masa308gts:20181025003554j:image

パトリックのプリドールです。

 

普段乗ってるバイクと比べると

 

アルテグラDi2  11速→ ダブルレバーの6速

 

カーボンホイール → 手組みのアルミ

 

カーボンフレーム → スチールフレーム

 

TIMEのビンディングペダル → トゥクリップペダル

 

僕のバイクの中で1番軽いTIMEのZXRSと比べるとバイク重量だけで3㎏増加!

 

f:id:masa308gts:20181025004135j:image

 

技術の進歩でバイクやパーツの性能が上がり、楽に速く走れる時代

 

確かに便利になったけど、失っているものも多いと思います。

 

僕はそれは感性だと思ってる。

 

便利になればなるほど、人間が本来もってる大切な部分が退化して失われていく気がします。

僕の場合は感覚が鈍くなるんですよ。

 

だから、たまに(イヤ、頻繁に)

クロモリバイクに乗りたくなる。

 

味気ないカーボンやプラスチック素材より、スチールの方が美しいしね。

 

f:id:masa308gts:20181025004741j:image

 

そんな事を考えながらペダル交換してました(笑)

 

f:id:masa308gts:20181025004849j:image

 

こんなバイクや道具で昔の人は過酷なレースを走っでたんだよね。

 

f:id:masa308gts:20181025005042j:image

 

そんなバイクに乗って走ると先人達の偉大さ、美的センスの高さをリスペクトします。

フラットペダルのみ?

今週末に開催されるクロモリバイクのイベント「フェッロ マリ エ モンティ」

 

f:id:masa308gts:20181023012657j:image

 

参加案内状が届きました。

 

このイベント

雰囲気を重視するので、規定が厳しいのです。

 

f:id:masa308gts:20181023012824j:image

本物のビンテージモデルは勿論

 

f:id:masa308gts:20181023012858j:image

 

モダンなクロモリでも参加出来るのですが

 

何と

 

ビンディングペダルは禁止です‼️

 

f:id:masa308gts:20181023013009j:image

 

ダブルレバーが原則ですが、こちらは例外としてモダンなシフター(シマノSTiやカンパニョーロのエルゴレバーね。笑)も許される感じですが

 

f:id:masa308gts:20181023013419j:image

 

ペダルだけはトゥクリップ又はフラットペダルでビンディングペダルは絶対に不可!

 

運営者の拘りです。

 

f:id:masa308gts:20181023013548j:image

 

フラットペダルは持っていないので

 

中古のペダルをサイクルパラダイスさんで購入しました。500円で(笑)

 

トゥクリップも購入したので取り付けます。

 

久しぶりにフラットペダルで走ったら

 

何か気持ち悪くて落ち着かないですが、実は平地だとあまりタイムは変わらない!

 

f:id:masa308gts:20181023014528j:image

 

トゥクリップを取り付けて走る予定ですが、ほとんど経験ないから不安です。。