読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

エアロロードを旅バイク化

最近はすっかりローラー台専用のバイクになっているメリダ リアクト

 

f:id:masa308gts:20161207020257j:image

 

ちょっと可哀想になってきた。

 

年末に時間が取れたら自転車で旅に出ようと計画しています。

 

そうだ。

 

リアクトを旅に連れ出してあげよう!

 

エアロロードのリアクトを旅バイクへ

 

f:id:masa308gts:20161207020555j:image

 

オルトリーブの大型サドルバッグがあります。

 

17リットル位の容量があるので、着替えなども入ります。

 

 

f:id:masa308gts:20161207020632j:image

 

本当はアピデュラの方が断然カッコ良いけど、高くて買えなかったのです。。

 

フロントバッグはモンベル

 

f:id:masa308gts:20161207020752j:image

 

クロモリバイクの方が旅には雰囲気が出るけど、いいんです!

 

リアクトは意外にロングライドを苦にしません。

 

エアロロードで旅に出ようっと。

 

 

新型デュラエースとエラクルエアー

 

会社の社員がカレラのエラクル エアーのフレームを購入したので、見せてもらいました。

 

f:id:masa308gts:20161206013631j:image

 

まだフレームの状態。

 

ブラックボディーに稲妻がペイントされていてカッコ良いんですよねぇ〜

 

軽量なヒルクライム用のモデルにすると言っていたのに、購入したのはエアロでした。

 

エアロバイクはインパクトあるからね。

 

f:id:masa308gts:20161206014202j:image

 

完成したら、こんな感じかな。

 

羨ましいのはフレームだけではありません。

 

f:id:masa308gts:20161206014251j:image

 

コンポは新型デュラエース!!

 

お金持ちだね…

 

f:id:masa308gts:20161206014320j:image

 

クランクは印象変わりました。

 

新型デュラエースはどんな感じなんだろう?

 

興味津々。

 

早く組み立てて乗らせて下さい!

 

 

 

イヤ、社長命令で「乗らせろっ!」(笑)

 

 

カレラは常に気になるメーカーなんです。

 

バリバリのレースバイクを作っている会社って感じで個性が強いバイクが多い。

 

f:id:masa308gts:20161206014613j:image

 

フィブラとかインパクトありますよね。

 

数あるバイクの中から個性的なカレラを選ぶオーナーって興味津々。

 

うちの社員は個性は強くない、至って普通な感じですが。。

 

そう言えば、うちの会社に埼玉県のゆるキャラマスコットのコバトンが来ました。

f:id:masa308gts:20161206015350j:image

 

こちらも至って普通でした。。

 

ワイズカップ 試乗会&ラーメン となみ

彩湖で行われた「ワイズカップ」の観戦と試乗会に行ってきましたよ!

 

本当はエンデューロのワイズカップに参加したかったんだけど、予定が見えなかったのでエントリーせず。

 

来年は絶対に参加したい!

 

f:id:masa308gts:20161203164441j:image

 

ワイズカップの楽しみは試乗会

 

数多くのメーカーが試乗車を用意しています。

 

ただ少し残念なのは試乗コースが短く、所々に砂利があって20㎞出すのが精一杯。

 

f:id:masa308gts:20161203164748j:image

 

渋滞もしてるし。

 

なので、本当の実力は分かりませんが、チョイ乗りの印象だけお伝えします。

 

 

f:id:masa308gts:20161203164906j:image

グエルチョッティのエウレカSHM50

 

輸入代理店が変わり大幅に値下げされたエウレカ

20万円代のフレーム

 

値下げ前は確か40万円代だったと思います。

僕はグエルチョッティのビンテージ クロモリロードのオーナーでもあるので、実は楽しみにしていました。

カラーリングもカッコ良いし。

 

うーん

 

あまり印象に残らない。軽いし、クセもないし、そこそこ加速も良いけど、無味無臭といった感じでした。

 

ちょっとガッカリでしたね。

 

f:id:masa308gts:20161203165503j:image

 

続いて向かったのはウィリエール

 

派手なウィリエール

結構好きなメーカー

 

ロゴマークが素敵(笑)

 

f:id:masa308gts:20161203165724j:image

 

グランツーリスモRのチーム

エンデュランスロードですね。

 

これは乗りやすい!

安定感が高く、本日のような砂利がある部分を最も緊張感なく走れました。

しっとりとした踏み味に乗り心地が非常に良かった。

 

ハンドル幅が広かったのがちょっと違和感を感じましたが、ロングライドにはピッタリなモデル。

 

かなり好きな乗り味でした。

やっぱりウィリエールはいいなぁ。

 

 

f:id:masa308gts:20161203170242j:image

 

続いて、先日もブログで書いたサーベロのS3

 

ディスクブレーキモデルです。 

 

やはりサーベロはカッコ良いなぁ。

エアロロードなのに乗ると良い意味で普通のロードバイク

 

クセも無く、軽いし加速も良いし。

ディスクブレーキなので、ブレーキが良く効きます。

 

f:id:masa308gts:20161203170815j:image

 

チッポリーニのRB1000

 

本日試乗したバイクで1番良かったのが、このチッポリーニ

スプリンター向けのバイクと聞いて、かなり硬いフレームだと思ってましたが、ガチガチな剛性とは感じませんでした。

 

パリっとした乾いた味で、乗っていて楽しい!

 

気持ち良くて、バイクを降りたくなくなりましたよ。

 

 f:id:masa308gts:20161203171418j:image

 

試乗車のカラーリングはあまり好きではないですが、イエロー等はかなりカッコ良い。

 

伊達男のチッポリーニのメーカーですから華を感じます。

 

チッポリーニのフレーム20%オフのチケットを渡されました。

欲しくなるから渡さないで欲しい(笑)

 

 

 

f:id:masa308gts:20161203171938j:image

 

最後はアンカーのRNC7

ずっと前から気になっているモデル

 

クロモリロード

やっぱりクロモリロードは乗るとホッとする。

当たり前ですが、カーボンとクロモリは別物。

 

心とシンクロするような感じと言うか、単純に楽しいのです。

コッテリ、脂っこい食事をした後に食べるシンプルなの醤油ラーメンって感じ。

 

f:id:masa308gts:20161203172326j:image

 

特に速いわけではないけど、こういうバイクで旅をしたいと思いました。

 

チッポリーニが1番良かったけれど、1番欲しいと思ったのは実はアンカーのRNC7

 

私は試乗しませんでしたが、友人達はリドレーのノアやヘリウムが良かったと言ってました。

 

そう言えば昼食は西浦和にある「ミソスタイル となみ」さんで食べました。

 

人気店で11時半の開店と同時に行列

 

f:id:masa308gts:20161203184141j:image

 

噂には聞いてましたが、かなりの人気ですね。

 

f:id:masa308gts:20161203183923j:image

 

辛味噌つけ麺を注文

850円

 

f:id:masa308gts:20161203183953j:image

 

驚いたのがドロドロの濃厚スープ

ニンニクたっぷりにラー油たっぷり

 

多分、身体には良くない(笑)

 

途中から卓上にあるカレー粉を加えるとまた味が変化します。

f:id:masa308gts:20161203184315j:image

 

他では味わえない独特な美味しさです。

ハマる人が多いのが解ります。

 

充実した1日だっ!

カナダのロードバイクメーカー

TIMEに満足しているので、最近は強烈に欲しいと思えるロードバイクは無いのですが、気になるロードバイクがあります。

 

f:id:masa308gts:20161202230825j:image

アルゴン18のガリウム プロ

 

アルゴンはカナダのロードバイクメーカーですね。フレーム単体で790gとかなり軽量。

 

最初は変なマークだなとあまり良い印象は無かったんだけど、じわじわ好きになって気になり始めました。

 

アルゴン18はトライアスロン バイクとしては有名ですね。

 

f:id:masa308gts:20161202230918j:image

こちらは同じくカナダのサーベロ

 

エアロロードのS3はTIMEのZXRSと最後までどちらにしようかと悩んだ位に好きなバイク。

 

こちらもトライアスロンでは有名なメーカー

 

 

アルゴン18やサーベロって何故かTIMEと同じようなフランスの香りがします。

ケベック州とかフランス語圏なのも影響して居るのかな?

 

 

イタリアメーカーのような伝統ガチガチでもなく、アメリカメーカーのような革新、新技術のオンパレードでもない。

 

新しい事にチャレンジするけど、大事な本質は残すというイメージ。

 

あと、サーベロ、TIME、アルゴンの共通点はスタイリングが好み!

 

これが一番重要だったりします。

 

どんなに性能が良くても、スタイリングが好きじゃないと乗りたくない!

 

f:id:masa308gts:20161202234800j:image

 

比較的新しい新興メーカーで、果敢にチャレンジしている姿勢が好き。

小さな会社を経営している自分の姿を投影させているからかな?(笑)

 

 

最近ブログが滞りがちなのは仕事が大変だからなのです。。

 

 

西海岸系?(笑)

深夜番組をみていたら

 

今時の40代「西海岸系」

 

ロンハーマンに代表される西海岸系ファッションに身を包み

 

趣味はアウトドア

 

車はジープ

 

と紹介されていました。

 

f:id:masa308gts:20161129015047j:image

 

ロンハーマンのベアフットのパーカー

 

f:id:masa308gts:20161129015115j:image

 

ロンハーマンのフリース等持ってます。

 

ニット帽が好きで

 

愛車は

f:id:masa308gts:20161129015209j:image

ジープのラングラー アンリミテッ(笑)

 

番組を見ていて、ちょっと恥ずかしくなりましたよ。。

 

 

イヤ

 

かなり恥ずかしかった!

 

でも、趣味はアウトドアと言うより、ロードバイクトライアスロンだから!!

 

これもベタか?(笑)

 

開き直ると、確かにハワイとか西海岸は好きですよ。

 

これでピストバイクのFuji フェザー辺りを買っていたら、完全にかぶれてますね。

 

f:id:masa308gts:20161129015758j:image

 

フェザーはカッコ良いですよ。

2017年モデルの薄いブルーなんて、チネリのスーパーコルサっぽくてグッと来ます。

 

サンフランシスコのチーム Mashが好きでサドル持ってるし、やはり西海岸好きなのかな。

 

f:id:masa308gts:20161129015915j:image

 

でもね

 

実は僕が一番好きなのはイタリアなんですけどね。

 

そう言えば、今はバイクも車もイタリア車は所有してないなぁ。

  

f:id:masa308gts:20161129021204j:image

 

コルナゴのC40

今、思い出しても胸がキュンとします。

 

 

ミニベロでロングライドしてみたら

本当は家から12㎞離れたオフィスに行こうと思っただけなのに。

 

ちょっと回り道をして走るつもりだったのに。。

 

気付いたら100㎞近く(正確には94㎞)をミニベロで走ってしまいました。

 

f:id:masa308gts:20161127014203j:image

 

ターンの最廉価モデルの「リンク B7」

僕の通勤用のミニベロです。

 

ミニベロって街中を短距離乗るには最高。

しかし

長距離は止めた方がいいですよ(笑)

 

ミニベロで走る100㎞はロードバイクで走る160㎞より疲れます!

 

まずミニベロは乗り心地が悪い。

 

標準で付いてくる安いKENDAのタイヤ「K WEST」もその原因の一つかもしれません。

f:id:masa308gts:20161127014859j:image

 

街中を走るには充分ですが、距離を走るにはタイヤ換えないとキツイ。

 

抵抗も大きくて25㎞以上を維持するのは大変。

 

フレームの衝撃吸収性も悪く、ガツンガツンと衝撃が伝わってきます。

 

ハンドルもクイックなので、ロードのように軽くブラケット上に手を添えるような乗り方ではなく、ある程度しっかりハンドルを握っている必要があります。

 

f:id:masa308gts:20161127015231j:image

お尻も痛くなる。

 

50㎞過ぎ位から痛みを感じ始めました。

因みに僕のターンにはロード用というか、トライアスロン用のサドルをつけています。

 

サンマルコのPONZA TTというサドル。

 

ミニベロはロードよりどっしりと体重を掛けて座るから、痛みが出やすいですね。

 

ロード用よりもう少しクッション性の高いサドルのが合うかも。

 

f:id:masa308gts:20161127015842j:image

 

軽く近所を走るだけならフラットペダルでいいけれど、長距離を走るならSPDだとちょっと楽になります。

 

f:id:masa308gts:20161127020533j:image

 

ネガティヴな事を多く書きましたが、ミニベロって長距離を走るのに適した乗り物ではないので当然ですね。

 

10〜20㎞位なら快適に走れますよ。

 

f:id:masa308gts:20161127020840j:image

 

クイックなハンドリングも街中なら小回りが利くというメリットになるしね。

 

何より普段着で軽い気持ちで走り出せるって重要ですよね。ロードと違って心理的なハードルが低いから。

 

あとね

 

やはりスタイルがカッコ可愛い。

 

ターンて、ダホンより男っぽい気がします。

ちょっとクールでスポーティなイメージ。

 

ロングライドは苦行だけど、ミニベロはロードと違う楽しさがあるのです。

TIME First + ニュートロン ウルトラ

ワイズロードにズラりと並ぶバイ

 

f:id:masa308gts:20161123212409j:image

 

セールで30パーセントオフの札が並びますが、何故か心が動かない。

最近は心から欲しいなぁと思うバイクが無いんですよ(気になるバイクはありますが)。

 

今のバイクに満足してるって事なので嬉しい事でもあります。

TIMEのバイクにずっと夢中のまま。

 

同じTIMEのZXRSを差し置いて、乗る頻度では、すっかりメインバイクになっているFirst

 

f:id:masa308gts:20161121024516j:image

  

ホイールはカンパニョーロのZONDAを履いていましたが、現在はカンパニョーロのニュートロン ウルトラ。

 

f:id:masa308gts:20161121024749j:image

 

フレームとの相性がドンピシャって感じています。

 

Firstの主な用途はロングライド、グランフォンドなので、リムの軽いニュートロン ウルトラにピッタリ。

 

特にヒルクライムでその恩恵を感じます。

1470gですが、リムの軽さから重量以上に軽く感じます。

 

これはゾンダと比べると本当に楽。

 

f:id:masa308gts:20161121030158j:image 

これはゾンダのG3組

 

 

踏み込んだ時のリムの適度なしなりが、ペダリングのリズムと合っていて気持ち良いんです。

 

ボーラワンに通じる気持ち良さ。

僕はフルクラムのレーシングゼロのようなガチガチな硬いホイールは好みではなく、ちょっとしなるホイールが好き。

 

 最初は地味なデザインだなと感じていましたが、クラシカルなデザインはジワジワと好きになってきます。

 

f:id:masa308gts:20161123211613j:image

 

ショップ等ではあまり売られていませんが、ずっと作り続けられている逸品。