ROAD & TRIP

旅とロードバイクの生活を綴っています。

プジョー コリブリをレストア?

こんな本を買いました。

 

f:id:masa308gts:20181006022844j:image

 

クロモリバイク徹底レストアBOOK

エイ出版さん

 

f:id:masa308gts:20181006022923j:image

 

まぁ内容がマニアックで楽しくて、楽しくて 笑

 

読んでいたら堪らずやりたくなってきた!

火がついた!

 

f:id:masa308gts:20181006023100j:image

 

プジョーのコリブリ

 

カゴまで付けられて、お買物仕様にされていたコリブリ

 

雨曝しで屋外に停めてるし

 

散々な扱いです。

 

プジョーのコリブリは2003年位に売られていたと思います。もう15年前位の自転車

 

f:id:masa308gts:20181006023451j:image

 

何より可愛いし、乗っても楽しい16インチのミニベロです。

現代のミニベロにはない独特なスタイル。

 

コリブリの改造箇所は

シマノの小径車用の変速機Capreoに変えて、タイヤはフレンチバルブにしてシュワルベのマラソンに変えています。

 

さて、この酷使されたコリブリをレストアしていきます。

 

f:id:masa308gts:20181006023831j:image

 

フロントがクイックなんですよね。生意気に。

 

レストアなので、基本はバラして、清掃して磨いて、グリスアップなど。

 

消耗品は交換です。

ブレーキシューとワイヤー類は交換しないと。

 

まずはバラしていきます。

 

f:id:masa308gts:20181006024035j:image

 

フレームはこんなにドロドロ

 

パーツクリーナー等で汚れを除去していきます。

f:id:masa308gts:20181006024150j:image

 

かなり頑固にこびりついていて、フレームの洗浄だけでかなりの時間かかります。。

 

f:id:masa308gts:20181006024300j:image

 

あっ

 

このコリブリはアルミなんですよ。

 

f:id:masa308gts:20181006024336j:image

 

意外に軽量で、良く走ります。

 

f:id:masa308gts:20181006024558j:image

 

どこまでやるか?

 

全てバラしていきます。

 

気長に作業していきます!

カスク

カスク

 

被っている人は滅多に見かけませんね。

 

f:id:masa308gts:20181005021721j:image

 

簡易ヘルメットなので、安全性は劣るし、今はファッションアイテムなのかな?

 

僕が最初ロードバイクに乗り始めた時に1番抵抗を感じたのがヘルメット(その次がレーパン)

 

特にロードバイク用のシャープなデザインの物は恥ずかしくて被れない!って思ってました。

 

今は全然平気だけど 笑

 

f:id:masa308gts:20181005021901j:image

 

だから最初はカスクを被っていたんですよ。

 

こんなビンテージな感じのヤツではなくて

 

f:id:masa308gts:20181005022031j:image

Lovellのカスク

 

帽子っぽくて、普段着にもあまり違和感がないので。

 

このカスク

 

f:id:masa308gts:20181005022157j:image

専用のカバーを被せると

 

ハンチング帽のようになるのです!

 

f:id:masa308gts:20181005022333j:image

 

素晴らしいアイデア

 

いつも、これで走ってたなぁ。

 

女子受けが良かった記憶があります(笑)

 

10月28日にも開催されるスチールバイクのイベント「フェッロ マリ エ モンティ」ではカスクで乗ります。

http://ciclistaingiappone.jp/ferro-mari-e-monti/

 

僕はこのバイクで参加予定です。

 

f:id:masa308gts:20181005023249j:image

 

ん?

コルナゴじゃなくて、エディ メルクス?

 

詳しくはまた(笑)

 

自転車メカニック夜間コースに入学

自転車に乗るのも好きだけど、メンテナンスするのも大好きなんです。

 

なので

 

原宿にある東京サイクルデザイン専門学校の自転車メカニック夜間コースに入学しました❗️

 

原宿の裏路地にあるので、周辺はオシャレなお店ばかり。

 

f:id:masa308gts:20181003000532j:image

 

教室?にはアンカーのバイクやホイールがズラリ。

 

もうテンション上がりまくりです笑

 

本日は説明と自己紹介、ケミカル類の講義でした。

 

オイルの使い分けは勉強になりました!

 

f:id:masa308gts:20181003000750j:image

 

入学セットの工具類

 

ドライバーにレンチ、タイヤレバーに保護メガネ、スポークレンチ

 

実は全て既に持っていますが(笑)、嬉しい。

 

年齢層はかなり高め。安心しました。。

 

上級コースが修了するのは3月で、半年間、頑張って通います!

 

自己紹介で、目的は趣味ですか?それともプロを目指しますか?と聞かれたので

 

プロを目指します❗️と答えてしまいました。

 

半分本気です笑

究極の食事?

ちょっと前に富山出張でしたが、その時に入ったお店が抜群に美味しったので、お伝えします❗️

 

ちなみに今回は自転車の話題は無しです笑

 

富山は観光するところはあまり無いけど、魚がとにかく美味しい!

 

中でも「実りのかしら」さんは今まで食べた魚料理で1番だと思っています。

 

f:id:masa308gts:20181002014258j:image

 

宣伝も一切せず、店構えもひっそりと。

 

正に隠れ家のようなお店

 

f:id:masa308gts:20181002014407j:image

 

お刺身はもちろん

 

f:id:masa308gts:20181002014443j:image

 

茶碗蒸しも日本料理と言うよりフレンチのよう。まぁ絶品です。

 

f:id:masa308gts:20181002014553j:image

 

僕は魚料理よりお肉の方が好きなんだけど、こちらのお店に来て考えが変わりましたよ。

 

究極の食事って感じです。

 

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/toyama/A1601/A160101/16002054/top_amp/%3Fusqp%3Dmq331AQICAEoATgAWAE%253D

 

富山市にはめぼしい観光が無いと言いましたが、スタバは美しい!

 

f:id:masa308gts:20181002015137j:image

 

世界一美しいと言われるスターバックスがあります。

f:id:masa308gts:20181002015231j:image

 

日本とは思えないような景色で、ここは本当に素敵です。

究極のスタバ?

 

 

f:id:masa308gts:20181002014749j:image

 

次は東京の中目黒にある「松まつもと」さん

 

3年連続でミシュランガイド東京のビブグルマンに掲載されているお店です。

 

f:id:masa308gts:20181002015400j:image

こちらでは究極の卵かけゴハンが絶品です。

 

たかが卵かけゴハンだろ?って思ってましたが、まぁ美味しいこと。

 

拘りが半端ないお店でした。

 

こちらのお店は自転車仲間の社長が連れていってくれました!

TIMEのスカイロンやデローサのチタニオ!等を所有する生粋の趣味人

 

チタニオは憧れです。

 

美味しいお店もよく知ってます。

 

自転車の話題は無しと言いましたが、本日から東京サイクルデザイン専門学校の自転車メカニック夜間コースに通います!

 

f:id:masa308gts:20181002015915j:image

 

だって自分のバイクは自分で完璧にメンテしたいから!

 

特に手組みホイールを自分で組んでみたい!

 

仕事しながら大変だけど頑張ります!

 

素材による重量の違い

ロードバイクの素材はカーボン、アルミ、スチール(クロモリ)

 

今、友人のバイクをメンテ等で預かっているので、ちょっと重量を計ってみました。

 

f:id:masa308gts:20180927003030j:image

 

まずはアルミバイク

 

ガノーのRHC

完成車で販売されていたRHCですが、このバイクは僕が中古のフレームから組んだ物です。

 

重量は8.5㎏

 

アルミバイクとしては、やや軽いって感じでしょうか?

エントリークラスのカーボンの完成車もこの位ですね。

 

因みにコンポは105

ホイールはアルテグラ

 

f:id:masa308gts:20180927003759j:image

続いてはクロモリ

GIOSのフェニーチェ

 

重量は9.5㎏

コンポはクラリスなのに、ホイールはカンパニョーロのZONDAという謎の仕様

 

コンポがクラリスなので、標準的な105とかなら、あと300〜400g位軽くなるかな。

 

f:id:masa308gts:20180927004200j:image

こちらは僕のバイクで、コルナゴアラベスク

 

重量は8.4㎏

 

同じクロモリでもジオスのフェニーチェより1㎏以上軽いです。

 

コンポはカンパニョーロのポテンツァでクランクだけアテナ

特に軽量化はしていないですが、ホイールがカンパニョーロのニュートロン ウルトラなので、クロモリとしては軽いですね。

 

ただ、ほぼ同重量のアルミバイクのガノーと持ち比べてみると、不思議とコルナゴの方がズッシリと重さを感じます。

 

f:id:masa308gts:20180927005042j:image

 

カーボンのTIMEのZXRS

 

重量は6.7㎏!

 

やはりカーボンは軽いです。

コンポは電動アルテグラ

ホイールはボーラワン

 

素材による違いで重量はカーボン、アルミ、クロモリの順に500g〜1㎏位重くなるイメージ

 

最近ではフレーム重量1000gとカーボン並の軽さのアルミもありますが、それは例外で。

 

番外編で

グラベルロードのスペシャライズドのDiverge

f:id:masa308gts:20180927010046j:image

 

素材はアルミですが

重量は10.2㎏

 

重いっ!

クロモリより重いです。

ディスクブレーキで500gは重くなりますが、それを差し引いても重いです。

 

輪行すると肩が痛くなり、かなり辛いレベル

 

今回は何が言いたいのか?

単純にバイク重量を全部計りたくなっただけです(笑)

 

伊豆箱根鉄道のサイクルトレイン

 

伊豆の修善寺ヒルクライムしてきましたよ。

 

修善寺駅から達磨山展望台〜西伊豆スカイラインに向かいます。

 

f:id:masa308gts:20180919131214j:image

 

達磨山展望台に到着

 

f:id:masa308gts:20180919131449j:image

 

メリダのリアクト400

久しぶりに登場しました!

 

重いアルミバイクなので、ヒルクライムはちょっと辛い。。

 

普段は達磨山展望台からは富士山や絶景が見渡せますが、この日は何も見えない。。

 

段々雲行きが怪しくなってきて

 

f:id:masa308gts:20180919131318j:image

 

雨にはならなかったけど、霧が出てきました。

 

f:id:masa308gts:20180919131658j:image

西伊豆スカイラインに入る時には視界が2〜3mしかなく、前方が全く見えなくなってきました。

 

危険を感じて、ここで断念します。

 

後ろから来る車に当てられそうです。

全く前方見えないので、かなり危険。

 

安全第一で無理はしません。

残念だけど

 

伊豆の修善寺には三島から伊豆箱根鉄道が走っています。

 

f:id:masa308gts:20180919132134j:image

 

この伊豆箱根鉄道

サイクルトレインを運行しているのです。

 

f:id:masa308gts:20180919132207j:image

 

サイクルトレインと言っても、先頭と最後尾の車両のスペースに自転車を置くだけですが、そのまま乗せられるのは便利ですね。

 

f:id:masa308gts:20180919132401j:image

 

この日はクロスバイクの方がいました。

 

ただ

 

それより目立ったのは

 

f:id:masa308gts:20180919132505j:image

 

車両内部がハロウィン仕様になっていて

 

明治製菓のお菓子でデコレーション

 

f:id:masa308gts:20180919132617j:image

 

図上の網棚に巨大チョコ(笑)

 

f:id:masa308gts:20180919132644j:image

 

伊豆箱根鉄道はローカルな雰囲気を楽しめて大好きなんですよね。

 

サイクルトレインと言っても簡便的なものですが、追加料金も無しで普通の切符で乗れるのでオススメです!

ラファのサドルが半額!

 

この1年で個人的に最高の買物だと思っているのがラファのクラシックサドル

 

f:id:masa308gts:20180912013006j:image

 

元々、サンマルコのコンコールのようなラウンド形状でクラシカルなサドルが好みでしたが、クラシカルなサドルは重い!

 

しかし、ラファからリリースされたクラシックサドルはカーボンベースで作られていて、軽量(179g)かつ、表皮も滑りにくく快適なのです。

 

f:id:masa308gts:20180912013447j:image

 

今までかなりの数のサドルを試してきましたが、これが一番。

 

全てのバイクのサドルをこれに替えたい位に気に入ってます。

 

ラファのサドルで検索すると、僕のblogがすぐに出てくる位、レポートしている人皆無ですが。。

 

f:id:masa308gts:20180912013823j:image

 

ラファのサドルバッグ(アピデュラ製)は沢山ありますが、サドルは皆無なんですよね。

 

唯一の難点は高い!!

 

それが、久しぶりにラファのサイトを覗いてみたら半額セールではないですかぁ❗️

 

f:id:masa308gts:20180912014248j:image

 

ちょっと、イラっとしましたが(笑)、すぐに平常心に戻って、もう1つ購入しました。

 

f:id:masa308gts:20180917225459j:image

 

ブラックです。

 

同じサドルを2つ買うというのは、それ位に気に入っているからなのです。

 

赤のRCC限定はTIMEに移植

 

f:id:masa308gts:20180917225707j:image

 

ラファのサドルってサドルメーカーのファブリックのOEMだという噂あります。。

 

f:id:masa308gts:20180912015143j:image

 

形状は確かにファブリックのスクープ ラディウスにちょっと似てるかも。

 

でもファブリックのサドル

 

カジュアルで安価なイメージありますが、軽量なモデルはラファ以上に高いんですよね。

 

サドル、ハンドル、ペダル

 

最後にルがつくパーツ

つまり、バイクと触れて、荷重がかかる部分のパーツには拘りたいのです。