ROAD & TRIP

旅とロードバイクの生活を綴っています。

アンカーRNC7で旅がしたい

最近このバイクばかり乗っています。

アンカーのクロモリ RNC7

 

f:id:masa308gts:20190903011431j:image

 

特に突出して秀でた部分は無いけど、なんか好きなんです。

走り出した瞬間に「あぁ、コレだよな」って思うんです。フィーリングが合って気持ち良い。

 

フレーム全体で衝撃を吸収して乗り心地が良いし、だけど柔らか過ぎて踏んでも進まないということも無く、ちょうど良い塩梅なんですね。

 

f:id:masa308gts:20190903012003j:image

 

ただ、そう感じるのはホイールやサドルなどを替えてからです。

 

サドルはセライタリアのフライトのボニー

 

f:id:masa308gts:20190903012151j:image

 

普通のフライト1990よりクッション性が高く、クラシカルな雰囲気もお気に入り。

 

f:id:masa308gts:20190903012332j:image

 

ボニーの方がステッチが入っていて滑りにくいです。

 

ホイールはずっと使っているナローリムのカンパニョーロ ZONDA

ZONDAが支持されていたのは、ホビーサイクリストにとって適度な剛性と適度に軽量だからだと思います。あまり硬過ぎるホイールはロングライドでは辛い。。

 

f:id:masa308gts:20190903012819j:image

 

タイヤも世間の流れに逆らって23C

ヴェロフレックス

 

しなやか、スムーズをキーワードにパーツ選択しています。

 

同じクロモリのコルナゴ アラベスクの方がデザインも塗装の質も、そして走りも上だけど

 

f:id:masa308gts:20190903013308j:image

やはり気軽には乗れないバイクです。

 

RNC7は使い倒せる気軽さ

相棒みたいな感覚があって、一言で言うと身の丈に合ったバイク

 

だから、このバイクで旅がしたい。

 

旅に連れ出すバイクって輪行したり、普段より酷使したりするから、気軽さが無いと躊躇しちゃう。

 

自転車で旅をする時は今まではGIOSのフェニーチェという廉価なバイクを使ってました。

f:id:masa308gts:20190903014232j:image

(沖縄輪行旅ではドリンクボトルを忘れて大変でした。笑)

 

速さを競わない旅ツーリングならGIOSでも実は十分なのですが、アンカーならより快適に走れます。

顕著な違いはヒルクライムで感じます。

アンカーとGIOSは重量はほとんど変わらないのにGIOSはフレームが柔らか過ぎてヒルクライムでは力が逃げちゃう感覚があります。

重量だけが要素ではないって事が分かりました。

 

秋になったらRNC7でバイクパッキングで旅に出ようと計画中!

ミヤタサイクルのカタログ

かなり久しぶりの更新になってしまいました。。

 

修善寺に「サイクリストが集まれる基地」というコンセプトで3月にオープンした「The Crank 修善寺」はお陰様で6カ月を迎えます。

https://hitosara.com/0006129523/

サンスポのCyclistさんで「サイクリスト印」のお店として掲載して頂いたり

https://cyclist.sanspo.com/467317

 

世界的な自転車選手達が来店してくれたり、沢山のお客様に来て頂けるようになりました。

 

f:id:masa308gts:20190829213138j:image

オリンピック メダリストがこの中に何人もいます!

普通にロードバイクのプロ選手、トラック競技や競輪選手がお店にいるのが未だに不思議な感覚です。

先週はリオデジャネイロ オリンピックの銅メダリストのジョリエン ドーラ選手が1人でフラっと来てくれました。

 

f:id:masa308gts:20190830145535j:image

 

彼女はベルギー代表選手ですが、来年のオリンピックの会場周辺の調査、視察で修善寺に来日中でした。

来年はベルギーのナショナルチーム全員で来てくれるとの事。有難いです!

 

あと美人でした。笑

 

そして1番最近のトピックはミヤタサイクルさんの2020年モデルのカタログの撮影場所になったことかな。

 

f:id:masa308gts:20190829213307j:image

 

これは嬉しかったです。

 

f:id:masa308gts:20190829213404j:image

 

自転車は忙しいながらも時間を見つけて走ってますよ。

 

f:id:masa308gts:20190829213513j:image

 

伊豆は坂ばかりなので、GIOSのレジーナで走る事が多いかな。

 

f:id:masa308gts:20190830202108j:image

 

クロモリなのでカーボンバイクに比べると当然重いですが、他の僕のクロモリバイクよりは1㎏以上は軽いから。笑

 

f:id:masa308gts:20190829213748j:image

 

でも、このレジーナは走っていると全然クロモリらしさが無いんですよね。。

 

走ってて楽なんだけど、他のコルナゴ アラベスクやアンカーRNC7と比べるとワクワク感、気持ち良さが薄いんです。

イマイチまだ身体に馴染んでいない感じもあるし。

 

不思議だけど相性ってあります。

 

もう少し走り込んでみます。

 

写真は伊豆市にある東府やベーカリーさん

 

f:id:masa308gts:20190829214337j:image

 

足湯のあるパン屋さんとして有名です。

 

山の中にあるリゾートみたいな場所なので素敵ですよ。

 

f:id:masa308gts:20190829214449j:image

 

あっ、でもThe Crankにも来て下さいね。笑

f:id:masa308gts:20190830194114j:image

 

この日はラファのクラブRCCの方達が20〜30人いましたよ。

あれ?僕もRCCメンバーなんだけどな。。

 

f:id:masa308gts:20190829214810j:image

 

ちょっと落ち着いてきたので、これからは真面目に更新していきます!笑

ロードバイクを買ったら揃える物

最近、僕の周りでロードバイクデビューする人が増えています。

 

今回はこれからロードバイクを始める人向けの内容になります。

 

ロードバイクは高いですよね。でもバイク以外にも3〜4万円は予算を残した方が良いです。

 

だって、バイク本体以外に必ず必要な物があるから。

 

まずはヘルメット

 

f:id:masa308gts:20190810012205j:image

 

実は僕はロードバイクデビューした頃はヘルメット被らなかったです。

なんか本格的な選手みたいだし、あのシャキーンとしたシルエットが嫌いでした。オシャレじゃないし。

 

だから、ヘルメットが大嫌いだった。

でも、必ず必要です!!

 

これは声を大にして言いたい。

 

ロードバイクは初心者でも2〜30㎞は余裕で出るし、下りだと50〜60㎞はザラ。下手すると70〜80㎞出ちゃうから。

これで転倒したら…

 

f:id:masa308gts:20190810013348j:image

 

今はヘルメットを被らないで走っている人を見かけるとすごく気になります。

だから、まずヘルメット!

 

価格は7000円位から3万円位まで。

 

あまり安価な物は安全性を考えてオススメしないです。

注意するのはサイズ

 

欧米人と日本人は頭の形が違うから、試着した方が良いです。因みに僕らGIROの普通のヘルメットだとコメカミの辺りが痛くなります。

なのでGIROはアジアンフィットというアジア人向けの製品にしています。

 

次は鍵

 

f:id:masa308gts:20190810013438j:image

 

ロードバイクってビックリするくらい盗まれます!

僕の周りだけでも何人盗まれたか。。

 

ロードバイクって軽いし、高価だから盗難の対象になりやすいのです。

一瞬で盗まれます。

 

僕が信頼しているのはABUS

ヨーロッパで最大のシェアを誇り、品質が高い(つまり、簡単に盗めないセキュリティレベル)

重いですけど。。

 

ここはトレードオフ関係なので。

 

バイクから長時間離れないなら、もう少し軽くて細いのでも大丈夫だと思います。

 

自転車屋さんでよく見かけるのはCROPSかな。

 

f:id:masa308gts:20190810014556j:image

 

続いてはグローブ

f:id:masa308gts:20190810014727j:image

 

グローブも安全の為、滑り防止の為に必要です。

初心者の頃はハンドルに体重を多くかけがちなので、グローブ無しだと手が痛くなります。

最初はパッド付きがオススメです。

2000円くらいからあります。

 

続いてはボトルケージ

 

f:id:masa308gts:20190810015036j:image

 

ボトルケージとドリンクボトルが無いと夏は死にます!

カーボンにしなければ1000円台で安価だし。

 

オススメはエリート社の製品

 

エリートはカラーも豊富でバイクとのコーディネートが楽しめます。

 

ここまでは必要最低限

 

他にはエアポンプ(空気入れ)とかツールとかありますが、それはまた次回!

 

f:id:masa308gts:20190810020021j:image

 

修善寺周辺のオススメサイクリングスポット

ちょっと久しぶりのブログ更新になってしまいました。

 

伊豆にこもっていたので。。

 

本日は修善寺周辺のオススメスポットをご紹介します。西伊豆スカイラインや達磨山展望台は何回もご紹介しているので、本日はちょっとマニアックな場所を!

 

まずは筏場(いかだば)のわさび田

 

f:id:masa308gts:20190805003357j:image

こちらは世界農業遺産に認定されているのです。

 

キレイな水が流れていて、マイナスイオン発生しまくり。夏でも涼しく感じる場所です。

 

f:id:masa308gts:20190805003619j:image

 

この場所で栽培される天然ワサビは全然味が違うんですよ!

 

続いて萬城の滝

 

f:id:masa308gts:20190805003806j:image

 

浄蓮の滝が有名ですが、水量や迫力共に萬城の滝の方がスゴイです。

 

f:id:masa308gts:20190805003936j:image

 

こちらもワサビ田があり、すぐ近くまで歩いて行けます。

 

人も少なくオススメです。

 

萬城の滝も筏場のワサビ田も修善寺駅から登っていきますが、斜度も緩やかなので気持ち良く走れます!

 

f:id:masa308gts:20190805004345j:image

 

重いクロモリバイクでも大丈夫!多分。笑

 

修善寺は始め伊豆には素晴らしい景色、道があります。

 

最近は遠方からサイクリストの方たちが輪行で来てくれます。

 

f:id:masa308gts:20190805004648j:image

 

修善寺は温泉と竹林だけじゃないのです!

 

 

旅バイクの作り方

ロードバイクで旅をするのが好き。

定期的に自転車旅をします。

 

旅バイクの作り方なんて言うと大袈裟だけど、僕なりに気付いた事を書きたいと思います。

 

最近はバイクパッキングの本も出てますし。

例えば

 

f:id:masa308gts:20190723002623j:image

 

バイシクルクラブさんから「自転車ソロツーリング」

 

f:id:masa308gts:20190723002727j:image

 

サイクルスポーツさんからは「自転車キャンプがよくわかる本」

こちらはバイクパッキングだけでなく、キャンプ関係のグッズ紹介が多いです。

 

どちらも面白いですよ。

 

旅バイクって一言で言えば、荷物を収納するバッグ選びで8割方決まってしまいます。

 

背中に重いバッグを背負うと本当に疲れます。

僕は重さよりムレがキツイけど。

 

熱がこもって、背中に汗をかいて不快

 

だから、人ではなく自転車にバッグを取り付ける。

 

バッグの中で最も収納量が多いのがサドルバッグでしょう。

大型サドルバッグではアピデュラとトピークを使い分けています。

 

f:id:masa308gts:20190723003548j:image

 

アピデュラは14リットル

 

f:id:masa308gts:20190723003608j:image

 

バイクに取り付けるとこんな感じになり、いかに大容量かわかります。

 

もう一つがトピークのバックローダー

f:id:masa308gts:20190723003741j:image

こちらの容量は6リットル

 

どちらが使いやすいかと言うと、僕は6リットルのトピークの方

 

3泊以上だと着替えなどがあるから14リットル位の容量が欲しくなりますが、1〜2泊だったら6リットルでいいかな。

 

それにフロントバッグで僕は大丈夫。

 

さすがに14リットルのアピデュラはバイクを振るとバッグも左右にブラブラ揺れて、フラつきます。

 

フロントバッグはずっと使ってるモンベル

 

f:id:masa308gts:20190723004339j:image

 

何の変哲も無いバッグですが、これが一番使い易いです。

 

スマホやお財布、鍵はサドルバッグに入れると出し入れが大変なので、すぐに取り出せるフロントバッグに入れます。

 

サイクルジャージのバックポケットでいいじゃないと思いますが、僕はバッグポケットにあまり物を入れたくないのです。

 

汗かいて濡れるし、何より生地が重みで引っ張られる感覚が嫌い。笑

 

フロントバッグの代わりにトップチューブバッグを使うこともあります。

理由はフロントバッグってバイクがちょっと野暮ったく見えるから、荷物が少ない時はトップチューブバッグを使います。

特にモンベルはカラーやデザインが地味で野暮ったいです。便利だけどね。

 

大型サドルバッグ、フロントバッグ、トップチューブバッグ等のバッグ類を選んで取り付けたら旅バイクは8割方完成しちゃいます。

 

残り2割はトラブル対策

 

タイヤは耐パンク性能の高いものの方が安心です。

コンチネンタルのグランプリやパナレーサーのレースD等はパンクに強いタイヤという評価です。

僕はより強いパナレーサーグラベルキングがオススメです。

旅ではトラブルを避けたいから。

 

f:id:masa308gts:20190723010428j:image

 

さて、バイクは?

 

そりゃあエンデュランスロードと呼ばれるバイクの方が姿勢も楽だし疲れにくいと思います。

 

でも、何でもいいと思いますよ。笑

僕はアルミ、カーボン、クロモリと使ってみて、クロモリが最も疲れないのでクロモリのバイクを旅には使います。

 

f:id:masa308gts:20190723011022j:image

 

これは好みの問題だから。

 

f:id:masa308gts:20190723011531j:image

 

機材のグレードや優劣なんて全く関係ないと思う。スピード勝負ではないから。

大切なのは、自分の好きなバイクで何処に行くか、そして何を実行するか。

 

床の間バイクになってるデュラエースつけたバイクより、使い込んだティアグラコンポのバイクの方が僕はカッコ良く感じます。

楽しんだ者の勝ち!

 

旅に出てみませんか?

SMITHのヘルメット

少し前のblogでGIROのアスペクトの後継となるヘルメット はSMITHだと書きました。

 

そのスミスの1番安いヘルメットの「ポータル」を購入しました。

 

貯まったポイントで購入したので、実際にお金は払ってませんが。笑

 

f:id:masa308gts:20190722012428j:image

 

まぁ黒で無難なカラーを選択。

 

歳を取ると派手なカラーのヘルメットは恥ずかしいので。。

 

300gあるので、少し重さを感じます。

 

f:id:masa308gts:20190722012538j:image

 

アジャスターがかなり下に飛び出していて、首の後ろ辺りにアジャスターのダイヤルがきます。

 

全体的に深い被り心地で、頭部が守られている感が強いです。

 

デザインはシンプルなので飽きがこない感じ。

 

質感は価格相応かな。

 

f:id:masa308gts:20190722013340j:image

 

MIPSのような凝った機能はなく、内部も至ってシンプル。

 

交換用のパッドも付属します。

 

f:id:masa308gts:20190722013535j:image

 

シンプルで普通のヘルメットなんだけど、被るとこれが不思議とカッコ良いんだな。

 

キノコにならないし。

 

僕はレーシー派ではなくカジュアル志向なので、なるべくシンプルな物が好きなんです。

 

派手好きに思われるのですが、実はなるべくひっそりとしたいので。笑

 

f:id:masa308gts:20190722014334j:image

 

クロモリバイクとビンテージっぽいジャージで旅に出ます。

 

3月にしまなみ海道に行って以来旅に出てないので。

伊豆大島を走ってみたい!

アンカーRNC7とGIOSしジーナを乗り比べてみた。

雨じゃない週末って久しぶりでした(曇りだけど)

 

本当に久しぶりに乗りましたよ。。

あまりに久しぶりで、全然走れなくなってて愕然としました。笑

 

今日はGIOSのクロモリバイクのレジーナとアンカーRNC7を交互に乗ってみました。

 

こんな事を書いても、クロモリ乗り自体が少ないし、アンカーのRNC7はともかく、ジオスのレジーナなんて超マイナーなので誰が読むんだ?って気がしますが。笑

 

f:id:masa308gts:20190720212212j:image

 

最初に乗ったのはレジー

 

現代的なクロモリなので軽いし、剛性も高いです。

TOKENのカーボンホイールを履いているので、まぁよく走ります。

 

f:id:masa308gts:20190720213310j:image

 

見た目も個人的にカッコ良いと思う。

 

でも何かが足りない気がする。

その足りない何かがアンカーRNC7にはあります。

 

f:id:masa308gts:20190721003224j:image

 

ホイールは鉄下駄と呼ばれるシマノのWH-R500

 

バイク重量は9.5㎏くらいあって、ジオスのレジーナより2㎏近く重いです。

 

スペックでみるとどう考えてもレジーナの方が走ります。

 

でもね、RNC7の方が気持ち良く進み、走ります。

そんな気がすると言った方が正確なのかもしれない。

 

f:id:masa308gts:20190721004004j:image

 

タイムを計ればレジーナの方が実際には速いのかもしれないけど、速く感じるのはRNC7

 

簡単に言えば走ってて気持ち良くて、楽しいんです。笑

 

薄味のレジーナ、密度が濃いRNC7

 

アンカーのバイクって良くも悪くも日本的、トヨタ的で優等生だけど、個性が薄いなんて言われたたりしますが、ネオコットには当てはまらないな。

 

f:id:masa308gts:20190721005318j:image

 

ずっと作り続けて欲しいな。