読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

コスパ最強はジャイアントかキャニオンか?

久々にキャニオンのHPを覗いてみたらSALEです。

 

ただでさえ異常な安さのキャニオン

 

その一例を

 

アルティメイト CF SLX 9.0 SL

 

名前が長過ぎ。。

 

f:id:masa308gts:20160821233505j:image

 

コンポがスラムRed 

 

ホイールはマビックのR-sys

 

重量は6.2㎏!!

ヒルクライム マシンですね。

 

52万円!!

 

一般的には高額だけどパーツを考えたら異常な安さ。

 

コツコツお金を掛けて軽量化するのがバカらしくなります。

 

この他のモデルも同様に驚きの安さです。

https://www.canyon.com/ja/

 

僕は今乗っているTIMEのZXRSとFirstの組み合わせが気に入ってるので暫くバイクを購入する予定はないけど、仮に次に選ぶならキャニオンは有力な候補になります。

 

マビックの高いホイールを購入する人がいたらマビックのホイール付のキャニオンを購入した方が遥かにお得だと思います。

 

日本ではマビックのホイールは異常に高いから。

 

 

コスパと言えば、もう一つの雄 ジャイアン

 

f:id:masa308gts:20160821234542j:image

 

最近、試乗した新しいTCRのアルミモデルのSLR

 

フレームで確か960g位だったと思います。

完成車で7.5㎏

 

もうアルミの重量ではないですね。

 

試乗して驚愕しました。

キレキレなハンドリング、軽さ、速さ。

 

全てにもうビックリ。

 

トップモデル以外の殆どのカーボンバイクを凌駕しているとインプレで書いてありましたが、大袈裟でないですね。

 

最近、ジャイアントってスゴい偉大なメーカーだなって感じるんですよ。

 

2〜3年前の僕なら「えっ ジャイアント?ない無い」って感じでしたが、今はリスペクトしてます。

 

ジャイアントとキャニオン

 

キャニオンは直販なので、そのままジャイアントと比べるのはフェアーではないですが、自社のホイールやパーツでコストダウンを図るジャイアントに対して、社外の名品で組みながらあの価格を実現するキャニオン。

 

コスパ最強はキャニオンと勝手に決定!

 

しかし、両社の企業努力に感嘆します。

 

秘密の隠れ家? iRo8

札幌出張中であります。

 

出張で滞在しているホテルは中島公園にあるクインテッサ札幌

f:id:masa308gts:20160821221334j:image

 

中々素敵なホテルですが

 

朝、ホテルの朝食レストランに行ったら僕以外全員が中国人観光客でした。。

 

日本全国中国人観光客だらけなんですね。

  

 

飲み屋さんを探そうと、狸小路を歩き、アーケードが途切れた先にそのお店はありました。

 

f:id:masa308gts:20160821212106j:image

 

オシャレな外観にビビッときて、入ってみました。

 

f:id:masa308gts:20160821212146j:image

 

BAR?

 

お店の名前は「iRo8」

 

「いろは」と読みます。

 

昼間はカレー屋さん

 

夕方からはお肉中心のダイニング

 

夜10時半からはBAR

 

f:id:masa308gts:20160821221702j:image

 

炭火で焼くお肉が美味しいです。

 

それもそのはず。

 

狸小路にある炭焼お肉のお店「ビーフ インパクト」の系列店

 

隠れ家のような素敵なお店でした。

 

隠れ家を探さないと落ち着ける場所がなくなってきてるのも寂しいけど。

 

さっぽろジンギスカン

札幌を訪れると、いつもは「だるま」でジンギスカンを食べますが、他のお店を開拓したくて調査開始!

 

すると「さっぽろジンギスカン」が美味しいとの情報が。

 

行って来ました。

 

f:id:masa308gts:20160819195627j:image

 

今にも倒れそうなプレハブ小屋。

 

実際に傾いています(笑)

窓からは焼け焦げたような黒いシミが垂れています。

 

ヤバい雰囲気。。

 

普通に見たら火事で焼け落ちた建物だよっ。

 

f:id:masa308gts:20160819195744j:image

 

そんな壊れそうなプレハブ小屋の2階がお店です。

 

f:id:masa308gts:20160819195821j:image

 

階段も傾いています。

 

情報が無かったら絶対に入らない。。

 

勇気を出して店内に足を踏み入れると

 

6時半なのに既に満席!

 

20分位待って、やっと席につけました。

 

f:id:masa308gts:20160819200119j:image

 

噂に違わずウマいっ!

 

生ラムでレアで食べることをオススメされます。ジンギスカンでレアはちょっと勇気が要りますが、素直にレアで食べたら納得。

 

ここ相当美味しいです。

 

最後につけダレをダシ汁で薄めてスープとして飲みます。コレまたウマいっ!

 

ハマりますよ。

 

でもお店が本当に傾いてるんですよ。

途中で倒壊するような気がしてかなり怖いです。

 

 

続いてちょっとだけロードバイクのお話。

 

f:id:masa308gts:20160819200555j:image

 

本日も札幌駅前は輪行の人だらけ

 

f:id:masa308gts:20160819200634j:image

ちゃんと許可をもらって撮影してます!

 

 

学生さんの自転車旅。

 

学生の間にこういう経験、沢山した方が良いですね。すごく大きな経験、財産になると思います。

 

人生観変わるから。

 

見ていて、こちらまで嬉しい気分になります。

 

f:id:masa308gts:20160819200856j:image

 

大通り公園には大学のサイクリング サークルの集団も発見。

 

 

札幌は気温も25〜6度で湿気もなく過ごしやすい。

 

こんか気候の中、バイクで旅したら気持ち良いだろうな。

 

僕はバイクもってきてないから、公園でラン練習

 

f:id:masa308gts:20160819201350j:image

 

アンダーアーマーの新作「バンディット2」

 

食べ物美味し過ぎて、何もしないと太っちゃうから走らないと。。

 

レインウェアと簡易泥除け

自転車のイベントって結構雨に降られる確立高くありませんか?

 

僕は雨の確立高めですT_T

 

f:id:masa308gts:20160818230757j:image

 

去年のホノルルセンチュリーライドなんて台風のような暴風雨の中走りました。。

 

普段は雨の予報だったら走らなきゃいいだけだけど、イベントの時はそうはいかない。

 

いつもレインウェアと泥除けを買っておけば良かったと後悔します。

 

簡易泥除けなら安いし。

 

有名なのはアス セーバーでしょう。

 

f:id:masa308gts:20160818231116j:image

 

簡易泥除けの元祖だと思います。

 

サドルのシートレールに挟むだけのお手軽さ。

 

1300円位

 

f:id:masa308gts:20160818231229j:image

 

似たような製品にVELOX

 

こちらはアス セーバーの半額位

680円位かな。

 

雨の日の走行ではリアタイヤからの跳ね上げで背中が泥だらけになります。

 

泥除けがあると本当に便利。

僕は安いVELOXをもっています。

 

次にレインウェア

 

レインウェアは意外に高いんですよね。

 

ただのビニール製だと群れて使い物になりません。夏場は10分位で限界。

 

f:id:masa308gts:20160818231658j:image

 

カペルミュールのレインウェアは半透明でカッコ良いんです。

 

でも僕は単にレインウェアを買うのはちょっと抵抗があります。

 

年に数回しか使わないし、要するに雨合羽でしょ?って。それに高いお金を掛けるのはキツイ。

 

だから僕が使っているのは防水機能のあるウィンド ブレーカー

 

f:id:masa308gts:20160818232056j:image

 

2xuの製品

 

普段はちょっと寒い時に羽織るウィンドブレーカーとして使え、雨でも防水機能があるので、レインウェアとしても使えます。

 

でも何でイベントって雨の確立高いんだろ?

札幌へ

1年ぶりの札幌出張です。

 

空港には輪行のローディーさん達がちらほら。

羨ましい。今回は仕事なのでガマンです。

 

到着して、いきなりラーメン

 

札幌駅前のエスタにあるラーメン共和国へ

 

f:id:masa308gts:20160818213941j:image

 

レトロな街並みを再現したテーマパーク型

 

悩みながら選んだお店は小樽の名店「初代」さん

f:id:masa308gts:20160818214048j:image

 

こちらは醤油ラーメンが有名らしい。

 

注文したのは普通サイズの味噌と醤油のハーフサイズ

 

f:id:masa308gts:20160818214250j:image

 

普通サイズでも大きい

 

f:id:masa308gts:20160818214313j:image

 

逆にハーフサイズは半分というか普通サイズの3分の1位

 

やっぱり醤油の方が美味しかった。

 

魚介のダシが効いていて風味も豊か。

一口目のパンチがあります。

 

だけど、醤油も味噌もかなり濃いめの味付けで、ちょっと飽きます。

 

寒い時に食べた方がより美味しいかな。

 

f:id:masa308gts:20160818214757j:image

 

北海道なので、ガラナコアップね。

 

やはりこの味!

 

北海道は湿気もなく、涼しい。

生き返る。

 

やっぱり自転車で走りたい。。

広告を非表示にする

Giro サバント ヘルメット

最近ヘルメットを新調しました。

 

f:id:masa308gts:20160817000845j:image

 

Giroのサバント アジアンフィットです。

 

Giroのヘルメットはカッコ良いのだけれど、欧米人向きで、頭の横幅がある日本人にはフィットしなかった。

 

その点、アジアンフィットはアジア人向けの形で違和感無く被れます。

 

重量はLサイズで245g

 

f:id:masa308gts:20160817001145j:image

 

キノコ度はちょっと高めです。

 

まぁ、いいでしょう。

 

なぜGIROかと言うと

 

f:id:masa308gts:20160817001322j:image

 

何となくシューズとメーカーを合わせたかった。

あとアスペクトで良い印象があったのもあります。

 

f:id:masa308gts:20160817001444j:image

 

アスペクトはシティライドで重宝してます。

 

で、サバントですが

 

f:id:masa308gts:20160817001627j:image

 

後ろのデザインもなかなか。

 

13000円位のヘルメットなので、あまり質感は期待してなかったけど、塗装はラメが入っていたりして悪くありません。

 

 

被ってみると

 

f:id:masa308gts:20160817001937j:image

 

こんな感じ。

 

後ろが切れてますね。

 

f:id:masa308gts:20160817002007j:image

 

逆サイドから

 

黒だとちょっと悪そうに見えます。

 

思い出したのは

 

f:id:masa308gts:20160817002057j:image

 

ハカイダー

 

知っている貴方は40代以上の方ですね(笑)

 

キカイダーよりハカイダーに憧れた。

 

その当時は相当カッコ良く見えたハカイダー

 

f:id:masa308gts:20160817002258j:image

 

今見ると

 

ダサい。。

 

 

ホノルルセンチュリーライド 2016

あと1ヶ月ちょっとで「ホノルルセンチュリーライド」です。

 

今年もまた参加します!

 

「シクロワイアード」さんの記事を見ていたら

 

f:id:masa308gts:20160815125754j:image

http://www.cyclowired.jp/lifenews/node/203320

 

何と僕が東武トップツアーの記事の写真になってました。。

 

恥ずかしいやら、申し訳ないやら。

 

去年は初の海外でのライドだったので、右も左も分からず不安でした。

 

初めてホノルルセンチュリーライドに参加する場合の注意ポイントをちょっと書いてみたいと思います。

 

まずは輪行ケース。

ハワイに限らず、飛行機輪行が必要になった時、ハードケースをどうしようか?と悩む方が多いと思います。

 

オーストリッチのOS500等のソフトケースではダメなのか?

 

f:id:masa308gts:20160815130630j:image

 

僕はTIMEのバイクトラベルバッグを使っています。

 

f:id:masa308gts:20160815130821j:image

 

ハードケースでなくても、緩衝材を入れてしっかり保護してあげれば大丈夫だと思いますよ。

 

今迄は何もトラブルなかったです。

ハードケースは高いしね。

 因みにTIMEのケースより、オーストリッチのOS500の方が細かい配慮が作りに反映されていて使い勝手は良いです。

 

f:id:masa308gts:20160815131203j:image

 バイク荷物の移動はツアーなら安心。

空港からホテルまで車で運んでくれます。

自分で運ぶのは自宅から日本の空港の間だけ。

 

僕は去年は羽田出発だったので、車で空港まで行きました。

 

東武トップツアーで宿泊したのはマリオット ホテル

f:id:masa308gts:20160815131623j:image

 

スタート地点のカピオラニ公園に近く便利です。リゾートっぽい雰囲気もあります。

 

f:id:masa308gts:20160815133335j:image

 

プールがちょっと小さいのがマイナスポイントですが

 

f:id:masa308gts:20160815133520j:image

 

ホテルの1階のイタリアンレストランは雰囲気も良く美味しかったです。

ホテルは自転車をそのままエレベーターに載せることが出来ますので、自転車は常に室内保管出来ます。

 

f:id:masa308gts:20160815232547j:image

 

初めての方は是非プラクティスライドに参加する事をオススメします。

 

f:id:masa308gts:20160815134016j:image

 

日本と逆で右側通行なので、最初は違和感を感じますし、プラクティスライドでアメリカの道に慣れた方がいいです。

 

日本みたいに路面がキレイではないので、パンクする人多し。

 

予備のチューブは2〜3個持っていきましょうね。

 

東武トップツアーのプラクティスライドはセンチュリーライド本番では行かないハナウマベイに行き、海にも入れるので楽しい!

 

f:id:masa308gts:20160815135802j:image

 

距離は40km位の走行なので、翌日の本番に疲れが残ることもありません。

 

 f:id:masa308gts:20160815141507j:image

 

いよいよスタート本番。

 

脚力、距離に合わせてA〜Dグループ位に別れますが、160km完走を目指すならAグループの後ろからスタートするのがオススメ。

 

かなりの人数が参加するので、スタートするまで時間がかかります。

 

Bグループ以降は制限時間が削られるので、制限時間内のフィニッシュが厳しくなります。

速くなくてもAグループ!

 

但し、Aグループの先頭はやる気まんまん、脚力に自信ある人達なので、避けた方が無難(笑)

 

f:id:masa308gts:20160815225500j:image

 

僕達の周りは屈強なアメリカの軍人さん達ばかりでした。。

 

US NAVYとかのお揃いのジャージに圧倒されますが大丈夫!

 

ヤツらはガタイが良いので坂道は苦手。

 

あと日本人の方が高いバイクに乗ってます(笑)

 

 

補給食は忘れずに日本から買って行きましょう!

 

日本のイベントのようにエイドステーションは充実していません。

あるのはフルーツとピーナッツバターを塗ったクラッカー位なので。

 

忘れた場合にはホノルルにアイランドトライアスロン&バイクというショップがあるので、調達は出来ますが、味は…

 

f:id:masa308gts:20160815143146j:image

 

しかし、このショップのオリジナルサイクルジャージはセンス良く、記念にもなるのでオススメ。

 

ダイヤモンドヘッドや海、ハイビスカス、パイナップル等がモチーフで本当に素敵なジャージです。

 

f:id:masa308gts:20160815143305j:image

 

後は気負い過ぎず、ハワイの景色を思いっきり楽しんで下さい!

 

f:id:masa308gts:20160815143533j:image

 

途中には辛い坂もありますが、雄大な自然のパワーが背中を押してくれます。

 

f:id:masa308gts:20160815225906j:image

 

あとサポートライダーの方も背中を押してくれます(笑)

 

f:id:masa308gts:20160815230050j:image

 

男性は女性の背中を押してあげましょう!

 

株が上がります(笑)

 

f:id:masa308gts:20160815143728j:image

 

ゴールの達成感は格別!

 

終わった後はハジけましょう!食べまくりましょう!

 

f:id:masa308gts:20160815230301j:image

  

 ロードバイクと人生がさらに楽しくなります!