ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

ストリート系ヘルメット bern

今でこそロード用のヘルメットを抵抗感なく被れるようになりましたが、以前は本当に嫌でした。

 
 
シャキーンとしたヘルメットは普段着には似合わない。
 
 
ピチピチのサイクルジャージも嫌いだったし(笑)
 
 
普段着で街乗りする時にはbernのヘルメットを使います。
 
f:id:masa308gts:20150731014516j:image
 
bernのWATTSというモデルです。
 
f:id:masa308gts:20150731014629j:image
 
グラフィックがカッコ良い!
 
 
カッコ良い外人が被ると。
 
f:id:masa308gts:20150731014725j:image
 
こんな感じ。
 
メッセンジャーで愛用している人が多い気がします。
 
ただし重い。。
 
ロード用のヘルメットの倍位の500g近くあります。
 
長時間だと首が疲れる。
 
 
もう一つが
 
f:id:masa308gts:20150731014948j:image
 
ALLSTONというモデル
 
バイザーが取り外しできます。
 
オールストンは375gなのでワッツほど重くはありません。
 
またバイザーを上向きにできるので視界の邪魔にならない。
 
 
僕は気分で変えますが、やはり軽くて視界の邪魔にならないオールストンの方が使用頻度は高いです。
 
f:id:masa308gts:20150731015218j:image
 
 
f:id:masa308gts:20150731015345j:image
 
ストリート系のヘルメット bern
 
f:id:masa308gts:20150731015558j:image
 
 
ヘルメットは嫌いでも安全の為に被った方がいいです。
 
安田大サーカスの団長の事故で改めてそう思いました。
 
 
ロード用が恥ずかしいなら、bernはオススメです。