ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

ピナレロ コルナゴ デローザ

ちょっと久しぶりのブログ更新です。

 

もうね、気を失う位に激務でした。。

 

会社の社員からのメールの書き出しは皆「社長、ちゃんと寝てますか?」から始まってました(笑)

「寝てません!」

 

今日も飲み会(仕事です)

相手は同じ40代、エンデューロ レース等にも参加しているロードバイク乗り。仕事を忘れて盛り上がりました!

 

バイクはピナレロなFP3だそうです。

 

f:id:masa308gts:20161105001414j:image

 

いいですね!

 

ピナレロは最初にロードバイクに乗る時に憧れましたよ。

高くて買えなかったけど。

当時の僕の金銭感覚ではバイクに出せる金額の上限は20万円でした。

 

それ以上出すのは狂気の沙汰に思えました(笑)

 

 今では完全に麻痺してしまった。。

 

 

f:id:masa308gts:20161105001550j:image

 

フォーク形状が変わったけど、ドグマは常に気になります。

 

イタリア御三家と言えば、ピナレロコルナゴ、デローザですね。

 

車もイタリア車が好きな僕はロードバイクでも、最初に憧れたのはイタリア車

 

f:id:masa308gts:20161105001922j:image

 

最近のデローザではSKが話題ですね。

ピニンファリーナの言葉は僕らの年代には刺さります。

 

確かにカッコ良い。

 

f:id:masa308gts:20161105001913j:image

 

コルナゴのC60

 

コルナゴの高級モデルの塗装レベルは御三家の中でも圧倒していると思います。

 

f:id:masa308gts:20161105002203j:image

 

中でもアラベスクの塗装は芸術の域です。

 

f:id:masa308gts:20161105002309j:image

 

僕はこのフレームの前で30分は眺めていられます(笑)

 

憧れの存在だったイタリア御三家のイメージは

 

ピナレロが先進的、レース常勝モデル、オンダフォーク、高性能。乗っている人多し。

 

コルナゴピナレロと反対に保守的、かつてはレース常勝だったが、最近はちょっと元気なし、ストレートフォーク、芸術的な塗装。

 

デローザはハートマークがオシャレ、美人とお腹の出たお金持ちのおじさんがよく乗っている。パーツグレードに対してちょっと割高。

 

こんな感じなんです。

 

僕はこの中ではコルナゴが最も好き。

 

コルナゴのC40は以前所有していました。

f:id:masa308gts:20161105003303j:image

素晴らしいバイクでした。

 

f:id:masa308gts:20161105003349j:image

 

今でも、たまにC40の乗り味を思い出して、実は売ってしまったのをちょっと後悔してます。

 

f:id:masa308gts:20161105003527j:image

 

テクノスというスチールバイクも所有していました。こちらは美しさが際立っていました。

 

コルナゴバイクってリニアな加速と言うより、踏み込んだ後にワンテンポ遅れて溜めた力を一気に吐き出すようにギュンと加速します。

 

最後にキュッて伸びるんですよね。

 

不思議な事にカーボンでもスチールでも同じ。

そんなコルナゴが好きなのです。

 

 イタリア車には独特な雰囲気、色気があるんですよね。これはアメリカ車には出せない部分。

 

今はTIMEの魅力にドップリとハマっている僕ですが、色気の部分だけはやはりイタリアンバイクには勝てないかな。

 

f:id:masa308gts:20161105004713j:image

 

イタリアンバイ

 

いいですね!