ROAD & TRIATHLON

旅とロードバイクとトライアスロンの生活を綴っています。

運命のバイク? アラベスク

最初は一目惚れでした。

 

f:id:masa308gts:20170506181904j:image

 

塗りたてのような塗装

美しいラグの装飾

 

f:id:masa308gts:20170506182012j:image

 

実は走りなんてどうでもいいって思ってました。

 

同じコルナゴのマスターX ライトはよく走るバイクだけど、このバイクはマスターX ライトよりパイプも細身だし、華奢なイメージだったので期待してなかった。

 

f:id:masa308gts:20170506182246j:image

 

アラベスクの復刻版

4ヶ月掛かって、ようやく到着。

 

乗って驚きました。驚いたと言うより感動した。

普段はTIMEのカーボンバイクに乗ってるから、正直、クロモリバイクに走りの質なんてあまり期待してなかったのです。

 

f:id:masa308gts:20170506182555j:image

 それが見事に覆されました。

 

こんなにスムーズなんだ。

全てのバランスが調和して、乗り手と一体になる感じ。

「何なんだ、この気持ち良さは?」って

 

最初は舞い上がってるからだと疑いましたよ。

 

でも、あまりの気持ち良さに降りたくなくなって、数キロの試走のつもりが、120㎞も走ってしまいました。

そして、冷静になった後もずっとその印象は変わらず。

 

ホイールはカンパニョーロのニュートロン ウルトラっていうのを差し引いてもよく走ります。

 

走りも僕のイメージするクロモリとは全くの別物でした。

今までクロモリは3台乗ってきてるので、それなりに経験はあるつもりです。

 

何かに似てる。

昔乗っていたコルナゴのC40だ

 

f:id:masa308gts:20170506183428j:image

 

C40はカーボンだけど、不思議と似た感触なのです。

本気で踏むと、豹変する感じ。

最後にもうひと伸びするコルナゴっぽさ。

瞬間的な加速はワンテンポ遅れる感じはありますが、それ以外は素晴らしい。

 

観賞用バイクではなかったです。

 

持っても、走ってもやけに軽いので重量を計ったら8.3kg

 

クロモリにしてはかなり軽い。

 

120㎞走り終えて、家路につく途中、夕焼けの陽射しでバイクがキラキラ光ってました。それと同時に心地良い風が吹いた時、ちょっと涙出そうになった。

大袈裟で笑っちゃうけど、本当に(笑)

 

f:id:masa308gts:20170506183122j:image

 

初めてTIMEのZXRSに乗った時も驚いたけど、ここまでの感動はなかったなぁ。

数値化できる部分ではなく、感性の部分で抜きん出ています。

バイクに乗ってここまで気持ちが揺さぶられたのは初めてです。

 

f:id:masa308gts:20170506191213j:image

 

他のバイクに乗らなくなりそうで怖いです。

一生物のバイクに出会った。